どうも!エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

今回はエナジードリンクの「モンスターエナジー」がどれくらいの量を飲むと飲み過ぎになるのか書きたいと思います。

海外では因果関係は調査中ですが不幸な事故が起きました、エナジードリンクについてもっと知って安全に付き合っていきませんか?
モンスターエナジーの飲み過ぎで、カフェイン中毒になる量と解説をしたいと思います。

モンスターエナジーのロゴ

スポンサーリンク

エナジードリンクのモンスターの飲み過ぎな量

まずは日本で販売されているモンスターエナジーの種類と入っているカフェイン量について書きたいと思います。

なぜカフェイン量だけを取り上げているのかという事なのですが、
モンスターエナジーに他に入っている成分の、アルギニン、高麗人参エキス、砂糖などは他のジュース類に含まれていますので、特に気にされているカフェインに付いて書きたいと思っています。

モンスターエナジーの種類とカフェイン量

モンスターエナジーは5種類あります。
記載しているカフェイン量は1本あたりの配合量です。

【モンスターエナジー】
モンスターエナジー
容量:335ml
カフェイン:142mg

【モンスター アブソリュートリーゼロ】
モンスターアブソリュートリーゼロ
容量:335ml
カフェイン:142mg

【モンスターカオス】
モンスターカオス
容量:335ml
カフェイン:142mg

【モンスターエナジーM3】
モンスターエナジーM3
容量:150ml
カフェイン:140mg

【モンスターコーヒー】
モンスターコーヒー
容量:250g
カフェイン:160mg

【モンスターエナジーウルトラ】
モンスターエナジーウルトラ
容量:355ml
カフェイン:142mg

飲み過ぎな量とは?

飲み過ぎというのはモンスターエナジーを多く飲み、カフェイン中毒になる量と思っています。

カフェイン中毒になるのは、
1時間以内に体重1kgあたり6.5mg以上で約半数。
3時間以内に体重1kgあたり17mg以上ですべての方に急性症状を発症。

この数値はわかりずらいですよね、
ぼくの体重65kgで言えば
65kg×6.5mg=422.5mgを1時間以内に摂取

3時間以内には1105mgを摂取すると到達します。

上記のカフェイン配合量で、モンスターエナジー(カフェイン量142mg)の場合は何本になるのでしょうか?

1時間以内で2.9本

モンスターエナジー3本で426mgとなります。
これだと多いので、2.9本ですね。中途半端で飲み切れないので実際では2本までとなります。

3時間以内で7.7本

モンスターエナジーで8本飲むと1136mgのカフェイン量となり、到達します。
これではカフェイン量中毒の急性症状を発症するそうで、かなり危ない状態となります。

1時間で2本は飲めるかなとは思うのですが、3時間で8本は2.6リットルとなり無理やりじゃないと飲めないというか、飲むのが不可能なんじゃないでしょうか?
普通に飲んでいてこの2つの量を達成する事は無いんじゃないかなと思っています。

「モンスターコーヒー」や「モンスターM3」でしたらもっと少ない量で到達します。

飲み過ぎた時の対処方法

万が一この飲み過ぎな量まで飲んだ場合にはどうしたらいいのでしょうか?

カフェインが身体から排出されるまで待つしかない。そうです、緊急の場合には胃の中を洗ってもらえるはずです。

それなので、
モンスターエナジーを無理に飲むという事はやめた方がよさそうです。

まとめ

徹夜の時や、どうしても眠い時にモンスターエナジーを飲んで眠気を覚まそう!とすると思うのですが、
ガブガブ飲んでしまわないように気をつけましょう。

一番到達しやすいのは1時間に2本飲む方なので、一本モンスターエナジーを飲んだら水などのカフェインが配合されていないものをを飲み、カフェインを過剰に摂取しないようにしつつ、あまり無理をせずに早めに睡眠を取れるように調整したほうが良さそうですね。