今回はレッドブルエナジードリンクの1本あたりのカフェイン含有量と、どれくらいの本数を飲んだら飲み過ぎや致死量になってしまうのかを解説していきます。

レッドブルはカフェインがコーヒーと同じくらい入っているので、飲みすぎてしまうと悪い影響が出てしまう可能性があります。

これはレッドブルに限らず、コーヒー、紅茶なども同じとなっているので、レッドブルが特別危険な飲み物という分けじゃありません。

スポンサードリンク

レッドブルのカフェイン配合量の一覧表

レッドブル1本あたりのカフェイン含有量の一覧表を作りました。

多く飲まれている180ml・250ml缶のカフェイン含有量は80mgと、コーヒーと同じくらいの含有量となっています。

種類カフェイン含有量
180ml缶
ノンシュガーも同じ
80mg
250ml缶
ノンシュガーも同じ
80mg
330ml缶
330mlボトル缶
105.6mg
エディションシリーズ
180ml
250ml
80mg

ロング缶とショート缶のカフェイン量が違う理由

レッドブルのカフェイン量を表にしたのですが、実は180mlでも250mlでも1本あたりのカフェイン量は同じなんです。

100mlあたりのカフェイン量が、ショート缶は43.2mgで、ロング缶は32mgだったんです。

これにはちゃんと理由がありまして、ショート缶・ロング缶どちらを飲んでも、同じパフォーマンスを発揮できるように、1缶に80mgのカフェインが配合されるようになっているんです。

それなので、ロング缶の方が効くという訳では無いので自分が好きな方を飲むといいでしょう。

レッドブルの致死量と飲み過ぎ量

レッドブルの飲み過ぎな量というのは何本なのでしょうか?

カフェインの摂取という事だけでの解説になりますが、【健康な成人では1日に400mg以内】なら健康への悪影響は無いと言われています。

レッドブルは1本に80mgのカフェインが入っているので、1日に5本でちょうど400mgとなります。

この1日400mg以下というルールは、他の食品や飲料に入っているカフェインも含みますので、ちょっと少なめの量を1日の目安とするのがいいでしょう。

もし多く飲んでいるかもしれない、と思う人はショート缶じゃなくてロング缶を選ぶようにすれば、量があるのにカフェイン量は同じなので満足出来るでしょう。

飲み過ぎ量は短時間で5本

飲み過ぎ量はカフェイン中毒になる量となります。

カフェイン中毒というのは、短時間で多くのカフェインを摂取する事によって起こります。

カフェイン中毒を起こす量というのは、短時間で400mg以上の摂取をする事で起こる可能性が出てきます。

この1日400mgというルールは、健康な成人の数値なので体調不良の人や、妊婦さんや子供さんではもっと少なくなっていきます。

400mgというのはあくまで目安で、400mgまで大丈夫という訳では無いんです。

致死量になるのは約137本

カフェインで半数の方が致死に至る量と言われている量が11000mgです。

レッドブルで言うと、1本あたりカフェイン量が80mgなので約137本となります。さすがに普通に飲んでいる分にはカフェインを致死量まで飲む事は無いでしょう。

カフェインに関する詳しい解説はこちらでしています。
エナジードリンクの飲み過ぎは危険!?カフェイン中毒や致死量は?

レッドブルは危険な飲み物なのか?

結局レッドブルは危ない飲み物なの?

そんな疑問が出てくると思います、レッドブルエナジードリンクの公式サイトによるとこのように書かれています。

レッドブルエナジードリンクの飲用を世界中の保健機関が安全と認めた結果として、
レッドブルは欧州連合の全加盟国を含めた169カ国で販売されています。
28年前に販売されて以来、約600億本が製造され、
昨年は約60億本が消費されました。

レッドブル・エナジードリンク250mlには、
コーヒー約1杯分と同等ののカフェインが含まれており、
他の主要成分を含め欧州食品安全機関(EFSA)は2009年に、
健康面に問題ないと結論付け

2015年にはエナジードリンク及びその成分について安全性を確認しました。

去年は世界で約60億本のレッドブルが飲まれています、危ない飲み物だったらそこまで消費される事は無いでしょう。

そして、成分面をトータルでチェックされた結果は安全という事でしょう。

妊婦さんや子供は控える

カフェインというのは、妊婦さんや子供には控えたほうがいいとされています。

妊婦さんはカフェインの摂取は控えるように病院でも言われます、そして1日には300mg以下にするようにと設定されています。

レッドブルのパッケージには、「高カフェイン飲料」として妊婦さんや子供は避けるように書かれています。

15歳未満にはサンプリングされない

レッドブルのサンプリング時には、15歳未満の方にはエナジードリンクではなくて、非売品のレッドブルカードをプレゼントされています。

これをレッドブルに問い合わせすると、15歳未満の方がカフェインが、入っている飲み物と知らずに飲む事を避ける為の配慮だそうです。

妊婦さんは見た目や、妊婦さんマークの有無でわかるのでレッドブルガールが判断するのでしょう。

レッドブルのカフェイン飲み過ぎ量のまとめ

レッドブルエナジードリンクは、普通に飲んでいる分には安全と言えるでしょう。

無理して短時間で飲んだりするのはNGです。

以前海外サイトで、
「レッドブルを短時間に1ケース飲む事によって心臓が破裂した。」
というニュースが書かれ日本でも翻訳された記事が多くシェアされました。

結局このニュースは嘘を書かれたものでした、書かれていたレッドブルのサイズは実在せず、心臓の映像がユーチューブにあったのですが作り物でした。

人間は生存本能で、危ない事を過剰に意識するように出来ているので、これは仕方がない反応だと思います。

それなので、今回のようにレッドブルの成分の事をちゃんと知る事で、安全に飲んでいく事が出来るでしょう。