どうも、エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

眠気覚ましに効果があるのは「カフェイン」です、そのカフェイン量での眠気覚ましドリンクのランキングを作りました。

カフェインは「覚醒作用」という、眠気を覚ましてくれる作用があります、それなのでカフェインをメインで比較しています。

スポンサードリンク

眠気覚ましに効果的な飲むタイミング

カフェインの効果が出てくるまでに、
空腹時で30分ちょっと、
食事時には30〜60分かかるとされています。

それなので、
出来れば眠くなりそうな前に飲むのをオススメします、
そう聞くと難しいように思えるんですが、
いつもウトウトしちゃうなという時間がわかれば、
その時間の前から飲みはじめておくのがいいでしょう。

ウトウトしてから飲んだ場合には、
カフェインが効くまでに30分ほど時間がかかりますので、
その30分はウトウトしたままなので、
一旦立ち上がってストレッチなどをして軽く目を覚ますのがオススメです。

それ以外の効果的なタイミングはこちらです。
エナジードリンク成分の効果とおすすめの飲むタイミング

カフェイン飲料+15分仮眠がベスト

これは状況によって出来るできないがありますが。

カフェインドリンクを飲んだ後に、
15分で眠らなくてもいいので仮眠をとります。

そうする事で、
15分なのに眠気がスッキリと無くなって、
頭もクリアになるのでおすすめです。

めっちゃ眠い時にエナジードリンクを使った15分昼寝で眠気スッキリ解消

カフェイン飲料の飲み過ぎ注意

カフェインは
飲み過ぎる事で身体への悪影響が出て来る可能性があります。

健康な成人の健康に悪影響が出ないカフェイン量は、
1日に400mg以下と発表されています

これは普通に飲んでいる分には大丈夫なのですが、
ガブガブ飲んでいる人では達する事が考えられますので、
目安の量はこのようになります。

  • レッドブル 80mg→5本まで
  • モンスター 142mg→2本まで
  • リポビタンD 50mg→8本まで
  • 眠眠打破 120mg→3本まで

詳しくはこちらをご覧ください。
カフェイン中毒や致死量は何mg?エナジードリンクは大丈夫なの?

眠気覚ましドリンク(飲料)のランキング

カフェイン量でのランキングになります、
同量の時には飲みやすさで順位を決めています。

強強打破 150mg

濃いコーヒー味でエスプレッソのような味で、
かなりのカフェイン量です。

コンビニで買えるもので容量が少なくて、
これだけのカフェインが取れるのは良いですね。

モンスターエナジーM3瓶 140mg

モンスターエナジーの缶と僅差なんで、
容量が少なく飲みやすいモンスターM3を選びました。

キャップ式なので飲みきれなくてもOKなのは、
女性に嬉しいですね。
モンスターエナジーM3の詳細をみる

モンスターエナジー缶 142mg

モンスターエナジーのM3以外ですね、
美味しくカフェインをとりたい人には、
この中から選ぶ事になるでしょう。

眠眠打破 120mg

眠気覚ましドリンクの決定版、
カフェインと味によって眠気覚ましをしてくれます。

メガシャキ 100mg

カフェインとジンジャースパイスの辛さでダブルに目を覚ます。
スパイスが刺激的なのでムリヤリ起きたい人に
こちらもコンビニなどで購入しやすいですね。

レッドブル 80mg

レッドブルはそんなにカフェインが入っていないんです、
容量が185mlと250mlの2タイプあり、
どちらもカフェインは1缶80mgとなっています。

サクッと眠気覚まししたい時はショート缶で、
飲みながら作業したい時にはロング缶が良いですね。
最近では330mlの超ロング缶も登場しました。

レッドブルエナジードリンクの詳細をみる

リポビタンD 50mg

どこでも見かける栄養ドリンクの王様的な存在です、
残念ながらカフェイン量は少なく滋養強壮目的で飲むのが良いようです。
手頃な価格と購入しやすさで上位に来てます。

栄養ドリンクは全部カフェインはだいたい50mgでした。

ユンケル黄帝液 50mg

ユンケルの一番オーソドックスなタイプ。
カフェインより他に有効成分が入っているのですが、
眠気覚ましに欲しいカフェインはそんなに多く無い。

アリナミンV 50mg

アリナミンシリーズ、
フルスルチアミンやビタミンB2、ビタミンB6がメインで、
リフレッシュしたい時には良いかなという感じですね。

眠気覚ましの飲み物のカフェイン量の【早見表】

商品名カフェイン量容量
強強打破50ml150mg
モンスターエナジーM3瓶150ml140mg
モンスターエナジー缶335ml142mg
眠眠打破50ml120mg
メガシャキ50ml100mg
レッドブル185ml・250mlどちらも80mg
リポビタンD100ml50mg
ユンケル黄帝液30ml50mg
アリナミンV50ml50mg

眠気覚ましドリンクまとめ

栄養ドリンクのカフェイン量が少なかったのは以外でしたね、
美味しく眠気覚ましをしたい人はぜひエナジードリンクを飲んでみてください。

眠眠打破系は味でも眠気を覚ますので、
ぼくはちょっと苦手なんですよね、、、

あとは、
徹夜を乗り越える為とかに常にガブガブと飲んでいると、
カフェインの取り過ぎになってしまいます。

1本飲んで眠気が覚めなかったら、
もうカフェインで覚めるほどの眠気じゃないという事なので、
どこかいいタイミングで、
ぐっすりと眠って疲労回復してください。

ぐっすりと寝る時間が無いような人は、
疲労回復物質が入ったドリンクもあるので、
一度試してみるとツライ日々から解放されるかもしれません。

実際にぼくが飲んでみた体験談を書いています。
疲労回復物質が入ったドリンクを飲んでみた