レッドブルの成分の効果と飲み方(日本とアメリカの成分の比較)

どうも、エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

今回はレッドブルエナジードリンクの、
入っている成分の効果とその解説。

そしてアメリカのレッドブルとの成分の比較をやっていこうと思います。

日本のレッドブルの成分の効果

レッドブルの効果をまとめるとこのようになります。

  • 覚醒作用(目が覚める)
  • 疲労軽減効果
  • パフォーマンスの向上

カフェインによる覚醒作用と、砂糖による血糖値の向上による疲労軽減効果。トータルにはパフォーマンスの向上があります。

パフォーマンスの向上というとざっくりしているんですが、何かチカラを発揮したい前に飲むのがピッタリです。

レッドブルの成分表と効果

レッドブルエナジードリンク250ml缶の成分表です。
他のエナジードリンクと比べてシンプルな成分なんですよ。

レッドブルシュガーフリーと、エディションシリーズでは多少成分が変わってきます、基本的な成分は同じす。

そしてカフェイン量は、種類、ロング缶、ショート缶関係なく、1本につき80mg配合されています。

砂糖類(砂糖、ぶどう糖)

ジュースには「ブドウ糖液糖」が使われている事が多いのですが、レッドブルにはテンサイと言われる砂糖大根から抽出された、砂糖を使う事でコストは上がるんですが、美味しく効果を上げる事を期待できます。

L-アルギニン

アルギニンはアミノ酸のひとつで、効果は血管を拡張させる事によって、血流を上げてくれる効果があります。

カフェイン

カフェインには、覚醒作用で目が覚める効果と、集中力向上効果があります。

ビタミンB群

ナイアシン(元ビタミンB3)
パントテン酸Ca
ビタミンB6、B2、B12

これらのビタミンB群は、
エネルギーをスムーズに作る事を助けたり
身体を正常に保つために必要な成分です。

レッドブルの眠気に効果的な飲み方と時間

カフェインと砂糖の吸収を考えると、カフェインは30〜60分で効いてきて、6〜8時間ほど持続します。

砂糖も30分ほどで効いてきて、2時間ほど持続します。

それなので、お昼ごはんを食べた後で昼過ぎのウトウト防止徹夜時前に飲んでウトウト防止と集中力アップというようにレッドブルは基本的には何かチカラを発揮したい前に飲むのがベストです!

スポーツドリンクのポカリスエット割りはいいの?

レッドブルの効果的な飲み方として、このサイトでも紹介しました、「レッドブルのポカリ割り」があります。

これは「糖分」を持続的に摂取する事によって、血糖値を高いまま維持をして疲労感を軽減するのが目的です。

血糖値で疲労感を誤魔化す事は出来るのですが、元々の疲労感は消えないので一時的なら良いかもしれないですが、レッドブルのロング缶をチビチビ飲んでも同じような効果を期待出来るでしょう。

ごくごく飲めちゃうんですが、砂糖の摂取量が多くなるのでおすすめ出来ません。

レッドブルのカフェインの副作用!?

レッドブル自体は普通に飲んでいる分には、安心して飲めるエナジードリンクです。

どんな飲み物でもそうなんですが、飲み過ぎる事によって身体に良くない事になります。

特に気にしたいのはカフェイン量で、健康な成人男性で1日400mg以下なら健康への悪影響は無いとされています。

レッドブルでいうと1日5本が目安になりますね。

詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。
レッドブルは飲み過ぎ注意!?カフェイン配合量と解説

日本のレッドブルとアメリカredbullの効果比較

味は最初の数口は「両方同じ味だな」って思っていたんですが、日本版の方が若干ですが酸味が強いような気がします、そしてアメリカ版の味は若干薄い感じなんですよね。

美味しくない薄さじゃなくて、1缶大きいんですけど全部飲めちゃう濃さという感じですね、ほんと微妙な差かなと思うんですが大切な差です。

あと、ビックリしたのがアメリカ版の方が炭酸が弱いんですよね、最初はコップに入れてるからその時に炭酸が抜けちゃったんだろうなと思ったんですが、缶からそのまま飲み比べしてみると全然違いました。

入っている成分の違い(比較表)

レッドブル250ml缶あたりの配合量を比較していきます、全部の成分の比較はちょっと長くなっちゃうんで絞って書いています。

日本版アメリカ版
エネルギー115kcal110kcal
たんぱく質0g1g未満
脂質0g0g
炭水化物27g28g
ナトリウム200mg100mg
ナイアシン7.5mg20mg
パントテン酸5mg5mg
ビタミンB65mg5mg
ビタミンB20.225mg?mg
ビタミンB125μg8μg
カフェイン80mg80mg
タウリン0g1000mg
アルギニン300mg0g

アメリカの成分表記が%で書かれているので数値化するのが難しかったですw

アメリカ(海外)のレッドブルは効くの!?

上記の表を見てもらうとわかるんですが、大きい違いはタウリンが入っているかどうかですね。

カフェイン量はどちらも同じ80mgです、アメリカ版はタウリンがリポビタンDとかと同じ1000mg入っているので、ちょっとだけ効き目を感じるでしょうね。

タウリンをアルギニンに置換えている理由

レッドブルは「清涼飲料水」で販売されています、タウリンを配合してしまうと日本の法律では、リポビタンDのように「医薬部外品」になってしまいます。

レッドブルは日本で清涼飲料水で展開していこうとされているので、タウリンを抜いてアルギニンを入れられているのです。

タウリンは栄養ドリンクに配合されているように、効果・効能があるのですが、アルギニンに変更する事で効果は弱くなっています。

パッケージの違い

日本のレッドブルは普通に缶のまま飲めちゃうんですが、アメリカ版は飲み口までの距離があるんですよね。

それなのでちょっと口までの距離があるんで、女性にはストローがあったほうがいいかなと思いますね。

賞味期限の表記が逆なんですよね、これはそれぞれの国の法律で決っている事です。

値段の違い

日本のレッドブルは250mlの定価は285円

アメリカのRedBullは定価は1.44ドル本日2017年2月19日の為替レートが「1$=113円」です。それなのでアメリカredbullは162円です。

アメリカのレッドブルの方が安いんですね。

気になる方は個人輸入で注文してみましょう。
アメリカから安く個人輸入する為に転送業者を比較してみた

レッドブルの成分効果のまとめ

レッドブルエナジードリンクを効果的に飲むには、パフォーマンスを発揮したい前や、眠くなりそうな前がピッタリなんです。

眠くなりそうな前というのは難しいので、ウトウトしちゃってきてからでも全然OKですよ。

そして、海外のレッドブルは安くて日本のレッドブルより、ちょっとだけ効き目があるという事です。

何かに頑張りたい時、集中したい時、徹夜で頑張りたい時、そんな時にレッドブルを飲んでパフォーマンスを上げていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう