コカコーラエナジーのレビューと成分など

どうも、エナジードリンク評論家のエナジー福田です。

コカコーラがついにブランド初のエナジードリンクを販売されます、その名は「コカコーラエナジー」です。

 

ヨーロッパの方では先行販売されていて話題にはなっているようで、日本でも色々とキャンペーンを開催し話題作りをされていくようです。

以前コカコーラが販売していた、「バーンリフレッシュエナジー」や「バーンミックスベリー」などバーンエナジーシリーズはあったのですが、それとはまた別ブランドとしての販売ですね。(おそらく権利借りて販売されていたはず)

コカコーラエナジーのレビュー

コップに注ぐとコーラよりもちょっと薄い感じがしますね。

香りはコーラにリアルゴールドの風味を少し足した感じ、これがエナジードリンクっぽさかな。

コーラをイメージして飲んだので「炭酸が無い!」と最初思ってしまいました、コーラなんですが微炭酸となっています。

味は薄めたコーラにリアルゴールドを入れたような感じです、多分飲んでもらったらわかると思います。

「コーラ」の印象が強すぎるから、ちょっとその印象に負けてしまったのかなと思っちゃう味で、特別感は無かったです。

でも、レッドブルやモンスターなどの薬品感が苦手な人で、エナジードリンクを飲んでみたい!と思っていた人には良いかなと思います、あの薬品感は無いので飲みやすいと思います。

おそらく、エナジードリンク好きな人には不評かなとは思うんですが、そうじゃない初めてエナジードリンクを飲む人は好きなのかなという印象でした。

ぼくはこれもこれで良いと思うんですが、それならノンシュガーコーラを飲みたいなと思っちゃいました。コーラを飲む時はあの炭酸が欲しい時なので。

コカコーラエナジーの販売場所と価格

コカコーラエナジーは全国で販売されていて、おそらくコカコーラ製品取扱店舗で購入が可能だと思われます。

コカコーラエナジーは2種類あって、250ml缶(写真右)が店舗などで販売されていて、小さめな190ml缶(写真左)は自動販売機専用となっています。

価格は250ml缶が190円(税別)で、190ml缶が148円(税別)となっています。

まずは1本飲んでみて好みでしたら、Amazonでケース購入するとお得になるのでおすすめです。

Amazonパントリなら3本お試しもあるのでこちらもおすすめです。

コカコーラエナジーの成分

カフェインやカロリーなど

コカコーラエナジーは2サイズあるんですが、どちらも100mlあたりの成分は同じですが、容量が違うので250mlの方がカフェインなどは多くなります。

250ml缶1本あたりのカフェイン量は80mg、105カロリー。

190ml缶1本あたりのカフェイン量は61mg、80カロリー。

コーヒー1杯で約80mlのカフェイン量とされているので、そこまでカフェイン量が多いという訳ではなさそうですね。

成分100mlあたり
エネルギー42kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物10.3g
食塩相当量0.04g
ナイアシン1.6mg
ビタミンB60.15mg
カフェイン32mg

原材料・成分一覧

糖類(果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖)、ガラナエキスパウダー/炭酸、酸味料、香料、カラメル色素、カフェイン、保存料(安息香酸Na)、ナイアシン、ビタミンB6

コカコーラエナジーの詳細情報

価格200円、160円(税込み)
容量250ml、190ml
販売開始日2019年7月1日
販売会社コカコーラカスタマーマーケティング(株)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう