今回はアメリカからエナジードリンクを輸入しようとした時に、代行・転送業者を利用すると思うんですが、調べてみると色々な業者があって結構迷います。値段だけなら簡単に比較出来るんですがサービスが色々と付いていたりしますので中々絞り込めなかったんです。

やっぱりなるべく安く輸入出来るにこした事は無いですし、エナジードリンクという重量級の商品なんで適当に選んでしまうと「200円の商品が600円になってしまった!」なんて事になりかねません。

9d02e76149b68fa428649984fb7e165d s

これから初めて個人輸入をしようとしている人のちょっとでも参考になればいいなと思います。

※業者によっては為替の影響などで多少の変動があると思うんで実際に使う時には再度チェックしてから使うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

個人輸入の前に知っておきたいポイント

個人輸入をしようとした時に知っておく事でスムーズに個人輸入をする事が出来たなと思ったポイントをまとめておきたいと思います。

転送業者が必要無いケース

ケース単位で、もしくは対応している商品を購入するならこの中間業者を利用せずに購入する事が出来る事があります、中間業者を利用しませんので必要ないお金を使わなくて済むようになりお得です。

購入出来るサイトの商品ページの配送項目を見ると「海外発送可能(Overseas it can be sent out)」のようなフレーズが書かれている所があります。これらの商品は購入ボタンを押すと日本まで発送してくれるので、そのまま自分の住所など連絡先をローマ字で記入すれば届けてくれます。

これが日本でAmazonで購入している感じで楽に個人輸入をする事が出来ますね。

購入できるサイト

イーベイの方が色々な種類のエナジードリンクがあるんですけど、出品されている地域がアメリカじゃなかったり(設定で来ますが)、中身が飲まれているヤツが売ってあったり、配送が雑な人がいるので出品者の評価をチェックしたりと結構面倒が増えます。

それなので最初のアメリカサイトの使い方になれるまでは、まずはAmazonを利用するのがいいかなと思いました。使いかたはほとんど日本のAmazonと一緒ですし違うのは登録する配送先(転送業者の住所にする為)と、あとは全部英語って事位なんで結構感覚的にもスムーズに出来るかなと思いますよ。

ぼくも最初イーベイで購入しようってしていたんですが、面倒くさすぎて一旦諦めてAmazonで個人輸入の練習をする事にしましたw

スクリーンショット 2016 08 29 18 10 28

自分で購入する事でちょっとお得に

丸投げする事で楽ちんなんですが、その分費用が上がります。

  • 代行業者⇒製品の購入、梱包、配送をやってくれる
  • 転送業者⇒梱包、配送をやってくれる

代行業者は、1から配送まで全部やってくれます。そのかわりに値段がちょっと高いです。

転送業者は、転送業者の倉庫へ自分で購入して送ります。それを業者が梱包して配送してくれます。業者の購入という手間を省いて自分で行う事で安くする事が出来ます。

船便は利用出来ない

エナジードリンクは小さいのに重いです、それなので送料が高くなる傾向があります。そんな中で知ったのは「船便」です。文字通り船に載せてどんぶらこ~どんぶらこ~と運んで来てくれます。1キロ500円程度で日本での宅配料で送る事が出来るんでめっちゃ安いんです。

デメリットは配達までの日数が長い事ですね、配達の日数がかかっていいけどとにかく安くしたい人にピッタリです。そんな急いで飲む必要がある商品ってあんまり無いと思うんでこれでいいかなと思います。

しかーし、残念ながら食料品を船便で輸入する事は出来ないそうなんです。それなのでめっちゃ使いたいんですけど諦めましょう。エナジードリンクのグッズなどを購入する時には利用したい方法ですね。

稀に内容物チェックで開けられる

稀になんですが輸入品が日本に上陸する時に、「危ない成分じゃないのか?」「本当に清涼飲料水なのか?」「変な生物が入っていないのか?」などというチェックをされる時があります。

その時には1ケース入ってたらそのうちの1本をチェックの為に開封される事があるそうです。少量だったりする時にはそんなに聞かない話ですのであんまり気にしなくてもいいかもしれないですが、万が一の時に悲しまなくていいように知っておくといいでしょう。

スポンサーリンク

個人輸入時の流れ

  1. 転送業者に登録(無料)
  2. 転送業者の住所を聞く
  3. 通販サイトで購入して転送業者の住所へ送る
  4. 転送業者に手数料の支払いをする
  5. 届くのを待つ

転送業者の安さ比較は難しい

安さを比較しようと思ったんですが、結構色々な転送業者があって比較しきれないというか、比較ポイントが「転送時の手数料」だけだったらよかったんですが、各社様々なサービスを提供されているので一概には言えないなって思いました。

それなので、ぼくが今使っている業者をおすすめしたいなと思います。スピアネットさんは元々Twitterのエナジードリンク中間の方から教えてもらった業者でして、比較をしようと思って探していた時には業界の中でも安心と安さがありましたので選びました。

あと輸入をして個人的に商売をされている方々も利用されている輸入業者なので、トータル的に考えても安くて安心出来るという事が言えるでしょう。

スピアネットのお得なポイント

  • 住所がオレゴン州なのでアメリカの消費税がゼロ
  • 転送業者の中でも手数料は安い
  • 日本語対応しているので初めての人にも安心
  • 何種類かをまとめる(梱包)事が可能
  • 倉庫で30日間保管が無料

エナジードリンク1ケースでの目安の送料・手数料

結構転送業者のサイトを見てもわかりずらいなーって思ったんで、エナジードリンクを1ケース(50$)輸入する時にはざっくりですがどれくらい費用がかかるのか調べてみました。多少前後するかもしれません。

【商品代金】50$
商品代金は自分で払う事になります。

【スピアネットに払う金額】72$

  • 転送手数料 9$
  • 郵便事務手数料 5$
  • 宅配の送料 58$(7キロ計算)

【代引きで払う金額】
個人消費の場合には関税や消費税はかからないのですが、「商品金額×0.6が1万円以下」ならかからないそうです。この計算式ややこしいんですが、1万円ちょっとまでなら大丈夫という事でしょう。

  • 関税率 9.6~13.4%(中間の10%計算)
  • 日本国内での消費税8%

【合計金額】122$

  • 商品代 50$
  • スピアネット手数料・送料 72$

個人輸入・転送サービスなら、信頼、実績のスピアネット。

高くても楽に買いたいならXボーダー

ちょっと値段は上がるんですが、Xボーダーという代行業者は、購入から配送まで丸々やってくれます。そして日本語で対応してくれますので、安心して輸入する事が出来るでしょう。

手数料はちょっと高めの商品代金の30%か1800円となります。

日本のAmazonで購入する感じで楽に個人輸入したいなと思っている人にはいいですね。高いですけどw

安くしたいならスピアネットで、お金がかかってもいいから楽をしたいならXボーダーでいいかなと思います。

▶Xボーダー