どうも、エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

今回はアメリカからの個人輸入をする時に必要な転送業者の比較をしたいと思います。

転送業者の情報が調べると結構複雑でややこしいんですよね。
それなのでちょっとでも簡単にわかりやすいように
サービスなどの料金やサービスの違いをまとめたりしていきます。

スポンサードリンク

個人輸入の流れ

  1. 転送業者に登録
  2. 転送業者の住所を聞く
  3. 通販サイトで購入して転送業者の住所へ送る
  4. 転送業者に手数料の支払いをする
  5. 届くのを待つ

購入できるアメリカの通販サイト

スクリーンショット 2016 08 29 18 10 28

イーベイの方が色々な種類のエナジードリンクがあるんですけど、
出品されている地域がアメリカじゃなかったり(設定で来ますが)、
中身が飲まれているヤツが売ってあったり、
配送が雑な人がいるので出品者の評価をチェックしたりと結構面倒が増えます。

それなので最初のアメリカサイトの使い方に慣れるまでは、
まずはAmazonを利用するのがいいかなと思いました。

使いかたはほとんど日本のAmazonと一緒ですし
違うのは登録する配送先(転送業者の住所にする為)と、
あとは全部英語って事位なんで結構感覚的にもスムーズに出来るかなと思いますよ。

ぼくも最初イーベイで購入しようってしていたんですが、
面倒くさすぎて一旦諦めてAmazonで個人輸入の練習をする事にしましたw

購入する為には代行業者か転送業者を使う

代行業者に丸投げする事で楽ちんなんですが、
その分費用が上がります。
それなので安く輸入したい場合には転送業者を利用しましょう。

  • 代行業者⇒製品の購入、梱包、配送をやってくれる
  • 転送業者⇒梱包、配送をやってくれる

代行業者は、
1から配送まで全部やってくれます。
そのかわりに値段がちょっと高いです。

転送業者は、
転送業者の倉庫へ自分で購入して送ります。
それを業者が梱包して配送してくれます。
業者の購入という手間を省いて自分で行う事で安くする事が出来ます。

転送業者の手数料の比較表

スピアネット MyUS グッピング
利用料金 無料 月額7$ 無料
転送手数料 9$
(商品数10点以上で3$追加)
無料 1280円
倉庫保管料 30日まで無料 30日まで無料 30日まで無料
同梱費用 1荷物につき6$ 無料 無料
検品費用 簡易検品は無料
再検品は6$
無料 無料
6-1 6-2 6-3 6-4

※国際送料は商品の種類や重さによって選択できる種類などがあり比較がしずらいです。

それなので下の方に
「エナジードリンク2ケース購入の場合の国際送料」等
をまとめた記事がありますのでそちらでチェックしてください。
基本的には同じ配送業者を利用している事が多いので大差は無いです。

転送業者の特徴

実際によく使われている転送業者を紹介していきます、
転送時に気になるメリット・デメリットを書いていきます。

スピアネットのメリット・デメリット

個人輸入でよく使われているスピアネットです。

メリットとしては長く運営されている実績があるので「安心感」は高いでしょう。
そして、日本語対応していて比較的簡単に個人輸入を行う事が出来ました。

商品1〜2個くらいの個人輸入で商品チェック無しなら一番安くなります。

デメリットは「商品数が多い場合は高くなる」という事です、
商品を一緒に合わせてもらう時に
「同梱費用」が1荷物ごとに6$(ざっくり計算で600円)かかってきます。

そして、検品と写真撮影にも追加費用が掛かるので
個人ショップから注文する時には「間違った商品が届く可能性がある」ので
間違いなく輸入したい時には検品費用がかかるでしょう。

スピアネット初回500円引きクーポン

スピアネットはそのまま登録してもいいのですがそれではもったいないです!
友達紹介で登録する事で「あなたが500円クーポン」をもらう事が出来ます。

紹介で入会すると500ポイントもらえます、
これは5$分なので約590円分のクーポンとなります。

ぼくのTwitterで教えてもらったら紹介させていただきます。ぼくに「名前」と「メール」を教えてもらえたら送りますよ。
福田のTwitter

MyUsのメリット・デメリット

トータル的に安いのがこのMyUsです。
輸入の仕事をされている人の利用が多いという事もあり「安さ」は間違いないでしょう。

そして、手間なやり取りが少なく、
発送までのスピードが早いのも特徴です。

デメリットは、月額に7$かかります。
それなので毎月輸入をするような人じゃないと割高になってきてしまいます。

そして一番のデメリットはサイトもメールも「すべて英語のみの対応」という事です、
Googleサイト翻訳を使っても結構わかりずらいので英語を読める人じゃないと挫折しそうです。

あと、梱包がかなり雑のようなので「特別梱包」という、
丁寧な梱包オプションを付ける方がいいようです。

仕事で使うなら良いサービスかもしれませんね。

Goopping(グッピング)のメリット・デメリット

グッピングはあまり名前を聞かなかったのですが、
上記2サイトのいいとこ取りのような感じで、
「商品数が増えても追加料金がかからず写真付きの検品は無料」
という事がポイントですね。

日本語対応で、梱包は何個でも無料、
検品・写真撮影も無料というメリットがあります。

色々な場合の手数料と国際送料の計算

エナジードリンクを輸入する場合に
どれくらいの費用がかかるのか計算してみました。

ここで計算されているのは
「手数料」と「国際送料」だけなので、
商品代金は含まれていません。

1$=117円で計算しています。

エナジードリンク2ケースのみの場合

エナジードリンク250ml 1ケース24本入り(約6キロ)
エナジードリンク355ml 1ケース24本入り(約8.5キロ)

合計約15キロ

スピアネットの料金

転送手数料 9$(1053円)
国際送料 95$(1115円)
同梱料 6$(702円)

合計 110$(12879円)

スクリーンショット 2017 01 06 12 14 16

MyUsの料金

月額 7$(819円)
国際送料 173.22$(20266円)

合計 180.22$(21085円)

スクリーンショット 2017 01 06 12 21 43

グッピングの料金

転送手数料 1280円
国際送料 9481円

合計10761円

※積載重量の記入が0となっていますが、
これは梱包用ダンボールの重量の事でそんなに件数が多くないと0で問題ありません。

気になる方は積載重量はセンチでしか入力出来ないので、
実重量を+1キロするなどを行ってください。

安くおすすめの転送業者はこれ!

一番安く輸入できるのはグッピングでした。

調べていて見つけた個人輸入代行業者だったのですが、
大手の負けないようにサービスの充実をされているので
安く輸入したいなという方はぜひグッピングで輸入してみてください。

実際に色々とサイトをチェックしてみたんですが、
全部日本語でわかりやすかったので初心者の方にもピッタリですよ。

スポンサードリンク

値段がちょっと高くても楽に輸入したい人は

ちょっと値段が上がるんですが、
日本のAmazonで買う感覚で輸入出来る方法があります。

料金はこのようになります。
めっちゃ高いとい感じでもなく、
量頼まれる人なら楽だしこの方法が良い場合も多そうです。

  • グッピング 商品代金の10%か1710円(安い方を選択)
  • Xボーダー 商品代金の30%か1800円(安い方を選択)

グッピングの購入代行

グッピングの輸入

公式サイトより、上の「注文管理・依頼」をクリックして、
右側の「購入代行サービス」から注文出来ます。
輸入費用の安さならグッピングですね。

Xボーダーの購入代行

Xボーダーの輸入

Xボーダーは日本でAmazonを利用するような感じ
そのまま注文出来るというのが一番のウリでしょう。
ちょっとでも面倒な事はしたくない!
という方はXボーダーがおすすめ。

おすすめ業者

一旦おすすめの業者を整理していきたいと思います。

安く個人輸入をするのならグッピングが一番おすすめです。
理由は手数料の安さなどもありますが、
日本語対応で初心者にも利用しやすいという所ですね。

「転送業者とのやり取りが面倒くさい!」
「ちょっとでも楽に輸入したい!」
という人はXボーダーがおすすめです。
日本のAmazonで買う感じで輸入する事が出来ますよ。

個人輸入する時に知っておきたいポイント

個人輸入をする時に知っておきたい事が結構あります、
日本の通販サイトを使う感覚で買ってしまったら
がっかりしてしまうという事もあるようなので、
そうならない為に気をつけておきたいですね。

商品間違い・梱包が雑

Amazonならほとんど機械で仕訳しているので
間違いなどは無いようなんですが、
それ以外のショップ等で購入した場合には
商品の入れ間違いがちょくちょくあるようです。

そして、
eBayは個人の出品も多いので「入れ間違い」で「梱包が雑」という時が多いので、
心配な人は最初の内はAmazonを利用していきましょう。

食品の輸入に船便は使えない

食品は衛生上の関係で船便は使用出来ません。

エナジードリンクは小さいのに重いです、
それなので送料が高くなる傾向があります。

そんな中で知ったのは「船便」です。
文字通り船に載せてどんぶらこ~どんぶらこ~と運んで来てくれます。
1キロ500円程度で日本での宅配料で送る事が出来るんでめっちゃ安いんです。

デメリットは配達までの日数が長い事ですね、
配達の日数がかかっていいけどとにかく安くしたい人にピッタリです。
そんな急いで飲む必要がある商品って
あんまり無いと思うんでこれでいいかなと思います。

しかーし、残念ながら食料品を船便で輸入する事は出来ないそうなんです。
それなのでめっちゃ使いたいんですけど諦めましょう。
エナジードリンクのグッズなどを購入する時には利用したい方法ですね。

稀に内容物をチェックされる

稀になんですが輸入品が日本に上陸する時に、
「危ない成分じゃないのか?」
「本当に清涼飲料水なのか?」
「変な生物が入っていないのか?」
などというチェックをされる時があります。

その時には1ケース入ってたら
そのうちの1本をチェックの為に開封される事があるそうです。
少量だったりする時にはそんなに聞かない話ですので
あんまり気にしなくてもいいかもしれないですが、
万が一の時に悲しまなくていいように知っておくといいでしょう。

転送業者が必要ない場合もある(直輸入)

ケース単位で、も
しくは対応している商品を購入するなら
この中間業者を利用せずに購入する事が出来る事があります、
中間業者を利用しませんので必要ないお金を使わなくて済むようになりお得です。

購入出来るサイトの
商品ページの配送項目を見ると
「海外発送可能(Overseas it can be sent out)」
のようなフレーズが書かれている所があります。

これらの商品は購入ボタンを押すと日本まで発送してくれるので、
そのまま自分の住所など連絡先をローマ字で記入すれば届けてくれます。
これで日本でAmazonで購入している感じで楽に個人輸入をする事が出来ますね。

1回の料金は16666円以下で買う

ここはちょっとややこしいんですが、
面倒な人は商品代金が16666円以下で買うようにしてください。

個人輸入の場合は、
商品価格に0.6をかけて1万円以下の場合には免税されます。

これは、商品代金が16666円だと1万円以下になります、
それなので「16666」という中途半端な数字となっています。
ここには送料など含まれていません。

※しかしこれは絶対ではなく稀に課税される場合が出て来るそうです。

販売目的での輸入はNG

今回解説してきたのは個人輸入での料金などです、
それなので販売など商売目的での購入には別途税金を払う必要が出てきます。

そして、
エナジードリンク(食品)を販売する場合には国への届け出が必要です、
この届け出には「製造工程書」と呼ばれる作る工程全部が解る書類と、
成分一覧表をメーカーに出してもらう必要があります。
そうじゃない場合には販売をする事は出来ません。

それなので基本的には
「海外のエナジードリンクを日本で転売する事は出来ません」
もし出来たとしても利益少ないのでわざわざやる必要は無いでしょう。

安い個人輸入業者のまとめ

まとめていきたいと思います。

安く個人輸入をするのならグッピングが一番おすすめです。
理由は手数料の安さなどもありますが、
日本語対応で初心者にも利用しやすいという所ですね。

「転送業者とのやり取りが面倒くさい!」
「ちょっとでも楽に輸入したい!」
という人はXボーダーがおすすめです。
日本のAmazonで買う感じで輸入する事が出来ますよ。