どうも!エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

今回は、
カフェインの過剰摂取は健康に悪いですので、ちゃんとその事を知ってエナジードリンクを飲むようにしましょう。
過剰摂取と言われている量は、一日で1000mgだそうです。
1000mgと言われても最初ピンと来なかったので、どれくらいの量になるのかと、飲んだらどうなるのかを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

カフェイン含有量

カフェイン量は、コーヒーやエナジードリンクなどの飲料に含まれている事が有名ですよね。
それ以外にも、お茶などにも含まれているのでカフェインを気にされている方は、他の種類のお茶を飲んだりするようにされていると聞きました。

食事の時の、ご飯などにも含まれていたりしますので、ただたんに飲み物のカフェイン量を計算するだけではなくて、口に入れるもの全体でのカフェイン量を知っておくといいでしょう。でも、さすがに全部のカフェイン量を知るのは厳しいと思いますので、一日の飲み物のカフェイン量は400mg以内で収まるようにしておくと、健康に害は無いと言われています。

カフェインについてはこちらの記事でまとめております。
【カフェイン】作用するまでの時間、継続時間、効果、カフェイン中毒にならない為に

コーヒー1杯約80mg

淹れ方や挽き方によって、カフェイン量は変わってくるのですが、コーヒーの平均的なカフェイン量は80mgと言われています。
12杯くらいが限度でしょう。

でも、一日に12杯も飲むのはムリだと思います。ぼくもコーヒーが好きで飲んでいるんですが、3杯位でもう飲めなくなります。コーヒーのせいか、カフェインのせいかわかりませんが、胃がちょっと受け付けなくなる感じです。

コーヒーを3杯飲んだ時は、そのあとに水などを飲んでおかなと、胃がちょっと痛いような感じになりますので。

エナジードリンク

モンスターアブソリュートリーゼロ

モンスターエナジーには、
カフェインが100mlあたり40mgのカフェインが入っているので、1缶にすると40mg×3.55で、142mgのカフェインが入っています。手軽に購入出来るエナジードリンクの中ではかなり高いカフェイン量となっています。

という事で、
モンスターエナジーは1日6本を超えないように飲みましょう。

レッドブル185ml

レッドブル
カフェインがサイズによって100mlあたりのグラム数は違うが1缶あたり80mg配合されています。

という事で、
レッドブルは1日9本を超えないくらいがいいでしょうね。

スポンサーリンク

エナジードリンクでの死亡事故

海外でエナジードリンクを飲まれて亡くなられたという、ニュースや記事があるのですが、まず海外の製品と日本の製品は似ているけど別物と思ってもらっても大丈夫です。

一番大きいのは、日本の輸入では「口に入れる物」のチェックがかなり厳しく制限されています。そのおかげでみなさんが安心で安全な輸入品を食べたりする事が出来ているんです。

その中でもエナジードリンク界では有名な成分として、タウリンがあります。このタウリンは海外から日本国内への輸入をする事が出来ませんので、タウリンをアルギニンに変更して輸入されています。そこで日本の食品の安全を守られていますので、今現在日本でのエナジードリンクでの危険なデータは無いようです。

あと、海外では基本的に容量が大きいので、飲み過ぎてしまうという傾向があるようです。そしてタウリンなどの成分も入ってしまいますので、摂り過ぎとなるとの事です。

そして、これはカフェインの摂り過ぎというより、タウリンの摂取と関係しているのではないかという調査データがありました。詳しくはまだ発表されていないようです。

そして、海外の方より日本人はカフェインへの耐性が強い傾向にあるようですので、それも関係しているのかもしれませんね。海外の方がエナジードリンク以外でのノンカフェイン飲料の種類が豊富でニーズが多いという事がわかりますし。

調べて思ったのですが、何か病気持ちの方以外はそんなに恐れる必要は無いのかもしれません。
それでも気になる方は病院で検査などしてもらうといいかもしれません。

一日に400mgのカフェインを摂取する事は可能ですが、それもちょっとムリをして飲んだという感じですし。1000mgを一日で飲むのはかなりムリをしなくちゃ飲めない量だとぼくはおもっています。それなのでそんなに意識する必要は無いのではないかなと思っています。

しかし一つ注意して欲しい事があります、
子供さんなどは、身体が小さいので飲み過ぎという事になりますので、手が届く範囲には置いておかないでください。普通にジュースで美味しいと思ってしまったら、一缶飲み干しちゃうかもで、そうしてしまったら寝れなかったりと効きすぎてしまうかもしれませんので。