南アルプス PEAKER(ピーカー)ビターエナジーのレビュー

どうも、エナジードリンク評論家のエナジー福田です。

今回のレビューは南アルプス PEAKER(ピーカー)ビターエナジーです。

この商品は「サントリー」と「スノーピーク」との共同開発のエナジードリンクで、天然素材と苦味と強炭酸による刺激を持つので「ビターエナジードリンク」とされています。

関東で先行販売がされていて、レビューをSNSで見てまだかなーとずっと待っていて、10月から全国発売されるという情報を知り楽しみにしていました♪

全国発売になったという事は、関東でいい手応えがあったに違いない!

この横のメモリ個人的に好きです。

ピーカービターエナジーのレビュー

キャップに「吹き出し注意」と書いてあっただけあって、結構シュッと炭酸が出てきましたね、コーラよりは控えめかな。

他のエナジードリンクよりは色があっさりとしていて、身体には良さそうな感じがしてますね。

キャップを開けてから、コップに注ぐまで特に香りはしないかな。

飲もうとしてコップに口を近づけると、グレープの香りがしてきました。気持ち控えめ。

味は「よくあるエナジードリンク」とは全然別物です。

飲みはじめはあっさりとしたグレープフルーツ風味で、グレープフルーツ味ジュースほどは濃くなく甘くなく、軽い味付け程度かな、炭酸が心地よくスッキリとしていて、後味に何かあるんですが最初はわかりませんでした。

パッケージを見ると後味の正体は「ミント」と「生姜」でした、ミントが入っているとスーッとするイメージあるんですが、ほんと味を引き立たせる感じで入っているくらいなので、ミントや生姜が苦手な人でも飲めます!(ぼくもミントは苦手です)

「グアユサエキス」の味がどれなのかわかりませんでした。

ビターエナジー ピーカーの味をまとめると「あっさりグレープフルーツ風味の炭酸+生姜の辛味で、後味にミントが心地よいドリンク」でした。(まとまってる?)

クエン酸が入っているので、体調によっては味の感じ方が変わると思うので、もし「まずい」と思った人は、また時間をおいて飲んで見るのをおすすめします。

ぼくは好きでリピートしたいなと思いました(*´ω`*)

ピーカービターエナジー販売場所と価格

2018年10月より全国発売が開始されました。

1本375mlで190円(税別)なので、200円ちょっとですね。

容量が多いのでコスパは良いエナジードリンクです。

一度飲んでみてハマった方は、ネットショップによる購入がお得でポイント等付くのでおすすめです。

ピーカービターエナジーの成分

カフェインやカロリーなど

1本あたりのカフェイン量は40mgと控えめ(コーヒー1杯約80mg)、カロリーは約123calです。

成分100mlあたり
エネルギー33kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物8.3g
ー糖類7.8g
食塩相当量0.08g
クエン酸300mg
カフェイン12mg

原材料・成分一覧

ナチュラルミネラルウォーター、糖類(砂糖、パラチノース、高果糖液糖)、有機グレープフルーツ果汁、食塩、グアユサエキス、ミントエキス、生姜/炭酸、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、カフェイン、ホップ

ピーカービターエナジー詳細情報

  
価格190円(税別)
容量375ml
販売開始日2018年8月10日(関東域)
10月1日(全国)
販売会社サントリーフーズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう