どうも!エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

今回はなんと!

みんなが知っているレッドブルエナジードリンクが産まれるキッカケとなった、元祖レッドブルを入手しましたのでレビューさせていただきます。

現地価格では10バーツで、日本円で40円位で販売されているようです。

もう一個の瓶タイプのレッドブルのレビューもしていますのでよかったらどうぞ。
タイ産の瓶に入っているレッドブル(Redbull Theople)

スポンサードリンク

タイのレッドブルのパッケージ

DSC02676

パッケージのレッドブルの赤牛マークも一緒ですねー

黄色の主張が強いですね。光の輝きもありますね。
DSC02671

ブルーのキャップには、
シルバーのレッドブルマークがあります。レッドブルミュージックっぽいですね。

DSC02674

瓶はレッドブル専用みたいですね、
うっすらとレッドブルマークがあります。写真じゃわかりづらいかなー

DSC02680

タイの元祖レッドブルのレビュー・感想

瓶タイプとなっていますので、雰囲気は栄養ドリンクっぽい感じですね。

キャップを開けようとすると、、、開かない!

タオルで拭いてから、開けるってのを数回繰り返してようやく空きました。日本のキャップより固いのかな?

バキバキっとキャップを開けている時に、なんだか効きそうだなっ雰囲気がありました。思いっきりプラシーボ効果ですが、日本でキャップは栄養ドリンクってイメージが頭にあるからでしょうね。

DSC02678

開けた瞬間はそんなに香りが出てこなかったんですが、飲み口に鼻を近づけるとフワッと香りがしてきました。

中国のレッドブルでも同じような香りだったのですが、日本のレッドブルのように、強くは無いんですが、独特の香りは一緒でした。あの特有のケミカルな香りです。

表現が難しいのですが、日本のレッドブルはフワ~っと香ると思うんですが、この本場のレッドブルは香りが広がらない感じがしています。そんな感じです。

コップに注ぐと、栄養ドリンクのような茶色で、無炭酸なので琥珀のようにキレイだなって思いました。

味は、めっちゃ甘い!リポビタンDとかの栄養ドリンクより甘いです。

シャークエナジードリンクよりも甘い。炭酸が抜けたコーラを飲んでる時の甘さですねコレ。甘いのニガテな人は厳しいかもw

そして、ちょっとトロっと濃厚な感じがしています。飲んでいる時に、レッドブル特有の香りが心地いい。

濃厚な感じがしていたのですが、口の中にはそんなに残らず消えていく感じでした。

この甘さもありますし、キャップをバキバキと開けている感じも良いので、

ぼくはめっちゃ疲れた時の栄養補給って感じで飲みたいなって思いました。疲れている時って甘いものが欲しくなるじゃないですか?あの時に飲みたいですね!

タイ語が読めないんですが、おそらくタウリンも入っていますので、疲れも取ってくれるはずです。

DSC02679

栄養&エナジー成分表示

ただいま調査中です。

一缶あたりのカフェイン量は?㎎、カロリー量は?kcal

DSC02672

原材料名

DSC02677

タイのレッドブルの詳細情報

価格約40円(現地で10バーツ)
容量150ml
販売開始日1976年
販売会社グラティン・デーン(Krating Daeng)
公式サイトKrating Daeng