どうも、エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

今回はスターバックスで期間限定として販売される、
リフレッシャーズクールライムのレビューです。

スターバックスリフレッシャーズクールライム

2013年の夏に日本で販売されていた
スターバックスのエナジードリンクをご存知ですか?

セブンイレブン限定で「リフレッシャーズシリーズ2種類」が販売されていました。
両方とも海外のスターバックスで実際に販売されていたリフレッシャーズを、
日本ではエナジードリンクとして販売されるという事でぼくもレビューしたのを思い出しました。

【エナジードリンク】

スポンサードリンク

リフレッシャーズの特長は生豆

生豆(きまめ)というコーヒー豆から抽出した珍しいドリンク製法で作られているもので、
コーヒー豆って「茶色」のイメージがあると思うんですが、
その煎る前の「ナマ」の状態の豆を使って抽出されているのです。

この生豆は別名「グリーンコーヒー」と言われるそうです。

以前スターバックスのエナジードリンクが販売された時には、
この生豆製法がポイントとして書かれていましたね。

今回は「エナジードリンク」というフレーズは使われていないですが、
懐かしい味が体感出来るという事で書いています♪

昔の記事でちょっと文章が下手ですがよかったらこちらがレビューになります。

スポンサードリンク

スターバックスリフレッシャーズのレビュー

注文したら店員さんに
「これコーヒーから抽出したんですよ?知ってます?」って言われ知っていたので、

ぼくは「昔エナジードリンクとして販売されていたヤツですよね?」
って言ったのですが2人の店員さんはちょっと知らなかったようです。

受け渡しカウンターで待っていると、
男の店員さんがドヤ顔でシェイクされていました。。

シェイカーに氷を入れて、
リフレッシャーズの液体とライムを投入して
ドヤ顔でシェイクですこれがコツだと思います。

こうやって注文が入ってから
シェイクする事によって香りを強くするのが目的のようです。

スターバックスリフレッシャーズクールライム

香りはほのかにライムが香る感じですね。

味は、
前のエナジードリンクの時を思い出して不味いかなと思ったんですが、
びっくりでした!「エナジードリンクより美味しい」って思いました!
まあ前のリフレッシャーズを飲んでいなかったらわからないですよねw

実際の味は、
飲んですぐライムの香りが口中に広がり、
そんなに甘くなくさっぱりとしていきます。
レモンの微炭酸水のライムバージョンって感じです。

甘さをライムが抑えてくれているような感じで、
夏の暑い時に喉が乾いている時に
グイッグイッと飲んだら美味しいだろうな。

酸味はそんなに無くて、
炭酸もシェイクする時に飛んで微炭酸になっていました。

そして輪切りにされたライムが
シェイクの時に果実がジュースの中に出ていますので、
ふわーっとフレッシュな香りがしてきます。
ライムはこんな感じになっているのでオシャレでは無いですけどねw
スターバックスリフレッシャーズクールライム

友達と一緒に飲んでたんですが、
ライムの香りが「ト〇レ〇イッ〇ル」っぽいって言ってました。

やっぱりライムの香りは人によってはそんな印象になってしまうようですね、
以前のリフレッシャーズはもっとそんなレビューが多かったので、
今回は本当に美味しくなってます。

ライムに抵抗が無い人にならオススメしたいですね。

リフレッシャーズ1杯あたりの価格とカロリー

  • ショートサイズ ¥360 43kcal
  • トールサイズ ¥400 60Kcal
  • グランデサイズ ¥440 77Kcal
  • ヴェンティサイズ ¥480 93kcal

今回ぼくが飲んだのはトールサイズでした。
調度いいいサイズだったのですが喉が乾いている時には
「グランデサイズ」や「ヴェンティサイズ」を注文するといいですねー!!

カロリーもそんな高く無いですし、
ダイエット中の人でも飲みやすいドリンクなんじゃないでしょうか?

まとめ

普段スターバックスではアイスコーヒーを注文するんです、
その理由は他のフラペチーノとかって甘いんであんま頼まないんです。

でもこのリフレッシャーズは
ライムの香り、酸味、微炭酸、甘さがベストバランスなので、
アイスコーヒーよりも注文するかもしれません♪

カフェインはそんな入っていないと思うので、
カフェインの取り過ぎ対策にもなって良さそうです♪