エナジードリンクの飲むタイミングを考えてみました。
睡眠前は控えた方がいいようです。

以下実験データーは、カフェイン摂取をコーヒーでされているんですが、
エナジードリンクも多くカフェインが入っているので同じようなデータになると思われます。

結果

結果としては6時間前くらいからは摂取しない方が睡眠の質が落ちずいいのかもしれませんね。
カフェインに強いと言われる方でも同様です。
もし睡眠が近づいてエナジードリンクを飲みたい場合はノンカフェインのモノを飲むといいですね!
ノンカフェインのエナジードリンクのトップ5

以下実験データやコメントなどは書籍の「カフェインの科学―コーヒー、茶、チョコレートの薬理作用」より引用させていただきました。

スポンサーリンク

カフェイン摂取実験の結果

睡眠1時間前の摂取実験

カフェイン錠(150〜200mg)あるいはプラセボ(同じ形状のカフェインレス錠)を就寝の1時間前に投与する二重盲検試験によれば、

一日二杯以下の軽度コーヒー摂取者では、74名中31名(42%)が入眠時間の延長を示した。
一方、毎日五杯以上の重度コーヒー摂取者(1日当たりのカフェイン摂取量は400mg以下)では、入眠時間の延長を示したのは28名中8名(29%)であった。

この結果は、カフェインは睡眠障害を引き起こすが、その効果に対して軽度の耐性が形成される可能性を示している。しかし、重度のコーヒー常用者でも、カフェインによる入眠時間の延長が29%の高率で発現している点に注目すべきである。

「睡眠直前」カフェイン摂取実験

V・ブレネソバらの実験(1975年)
被験者に対して就寝直前にカフェイン錠(300mg)あるいはプラセボ錠が投与され、睡眠時間と睡眠の質が記録された。

完全入眠(レベル3以上の深睡眠の発現)までの平均時間は、
プラセボ投与群では18分であったのに対して、
カフェイン投与群では66分に延長した。
カフェイン投与しないと深い睡眠に入りやすいようです。

平均睡眠時間は
プラセボ投与群が475分であったのに対して、
カフェイン投与群は350分であった。
カフェイン投与しない方がよく寝れるようですね。

就寝時刻10時間前からカフェインを摂取しない実験

就寝時刻の10時間前からカフェイン摂取を禁止させた被験者に対して、プラセボあるいはカフェイン300mgを投与する実験においても、カフェイン投与郡はプラセボ投与群より睡眠時間が短かった。
プラセボ投与群では、軽度コーヒー摂取者(毎日二杯以下)より重度コーヒー摂取者(毎日五杯以上)のほうが睡眠は深く、長かった。

スポンサーリンク

カフェイン摂取による睡眠障害

睡眠直前では確実に睡眠障害を起こす

就寝前にコーヒーや濃いお茶を飲むとまったく眠れないという人がいるし、すぐ寝ついて熟睡できるという人もいる。なかにはコーヒーを飲まないと寝れないという人もいる。しかし、カフェインによる睡眠時間の短縮と睡眠の質の悪化は、本人の自覚の有無にかかわらず、確実に引き起こされている
就寝直前のコーヒー摂取で、睡眠中の寝返りが増加することが知られており、睡眠障害、特に深いノンレム睡眠の減少が引き起こされることを裏付けている。

途中覚せいの増加

カフェインで誘発される睡眠時間の短縮は、入眠時間の延長に加えて、途中覚せいの回数増加と継続時間延長も関係している。
カフェインで誘発される途中覚せいの増加は、鎮静・睡眠薬(バルビツール酸塩類)あるいは睡眠導入薬(ベンゾジアゼピン系薬物)を使用しても改善されない。もちろん、アルコールも無効である。