どうも!エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

評論家をやりだして、
栄養成分をちゃんと読むようになってきたのですが、
そのなかでひとつ気になった事があります。

カフェイン表示が無く、ガラナが配合されていたりするエナジードリンクが増えて来ている感じがしました。
ガラナって、ガラナ飲料とかでは聞いた事あったのですが、カフェインの代わりに入っているのか?カフェインよりスゴイ成分だから入っているのか?

スポンサーリンク

ガラナって何!?

最初にレアル・マドリード公式エナジードリンクの「レアルパワー」のパッケージを見ていて気づきましたので、さっそくレアルパワーのお問い合わせ窓口へ電話をしてみました。

【質問】
ガラナは、簡単に言えば体への負担が少ないカフェインと思ってもいいんでしょうか?

【回答】
厳密に言えば医学的説明が必要になりますが、一般的には無水カフェイン
よりも神経への負荷が少なく、高揚感は徐々に持続的に効果がある
と言われて
います。また、ガラナに含まれるアルカロイド(薬用植物)「テオフィリン」や「テオブロミン」
が含まれるため、それぞれの身体への効果もガラナの特徴です。

【質問】
レアルパワーのカフェイン量(ガラナ量)は何グラムなんでしょうか?

【回答】
1缶(250ml)内にガラナ種子エキスが50mg配合されております。
詳しい事はパンフレットを添付しますのでご覧くださるとわかりやすいかと思います。

という事で、レアルパワーエナジードリンクのチラシを添付していただいたので、
ちょっと引用させていただきます。

【一般(コーヒー豆等)のカフェイン】は、
覚醒作用とともに身体への蓄積時間が長いため、摂取し過ぎると個体差により身体への副作用の恐れもあり、さらにはスポーツ競技のドーピングにも悪影響を及ぼす場合があります。(ドーピング監視対象成分)

【ガラナ種子】には、
「ガラニン」と呼ばれるカフェインがコーヒーの3〜5倍含まれ

「テオフィリン<筋弛緩剤、動脈拡張剤、血管拡張剤等に用いる抽出成分:喘息に有効>」
「テオブロミン<神経興奮剤、動脈拡張剤、利尿剤等に用いる抽出成分:動脈硬化予防等>」
とともに摂取することで、神経に負担をかける事無く持久力やメンタル的な注意力を高め、疲労軽減を促します。

「ガラニン」の最大の特性は、神経を刺激しないカフェインで、徐々に放出されるためカフェインが身体に残る影響を少なくし、その反応が穏やかに長期的でより長続き可能な刺激性を提供するという点です。

また、ガラナは、一瞬の疲れを解消したり、乗り越えるために必要となる心血系統と中枢神経系を刺激し、エネルギーを徐々に放出させることでスタミナを増進させ、アドレナリン活動と血液の流れを刺激し精神的な明瞭さを維持する効果があると言われています。
さらに、記憶力向上、健忘症防止、満腹感による体重減お促進効果、神経痛、腰痛、リューマチ等への鎮痛効果に加え、ガラナの持つ抗細菌作用/抗酸化作用(アルツハイマー病の予防、肥満予防、肌老化抑制等)も発表されています。
※世界のガラナ生産量の80%がブラジル北部のアマゾン熱帯雨林産

ガラナはカフェインの一種なのですが、
通常のコーヒーのカフェインより良い効果が多いようです。

そして、おそらくコーヒーのカフェインより価格が高い為に入れているエナジードリンクが少ないのかと思われます。

しかし、コーヒーのカフェインでも似たような効果もありますし、副作用などを特別気にされる方で無い場合は全然問題が無いのかと思います。
(あくまで福田の考えなので体調に問題がある場合はお医者さんに聞いてみて下さい)

その「ガラナ」配合の、サッカーのレアルマドリードの公式エナジードリンクの「レアルパワー」です。
今回、ガラナについて質問に答えてもらえたり、パンプレットをもらったりと色々感謝です☆

レアルパワーエナジードリンクは、レビューを書いていますので気になったらどうぞ!
身体にいいガラナ配合のレアルパワーエナジードリンク