どうも、エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。
2016年5月26日(木)にぼくの初めての書籍である「エナジードリンク評論」を発売する事になりました。

簡単に言うとこの書籍は「エナジードリンクの誤解」を解くことと、「もっとエナジードリンクを楽しんで欲しい」と思って書きました!

名称未設定 1

内容は、このサイトでも発信させてもらっている情報を再度見なおして新しく書き上げ、読みやすく修正などを繰り返して仕上げる事が出来たので、エナジードリンクを好きな人から、エナジードリンクを最近飲み始めたという人まで幅広く楽しむ事が出来る本になっています。エナジードリンク2本分の価格でしっかりとエナジードリンクを知ってエナジードリンクを美味しく楽しく効果的に飲んでいっちゃってください♪

キャンペーン期間中の5月26〜30日は通常価格の半額の200円(税抜き)でダウンロードする事が出来ます。

電子書籍ですので、サクッとダウンロード出来てちょっとした空いた時間に読めるので結構便利ですよ、ぼくも本を買う時にはほとんど電子書籍のKindleを使っているくらい好きな本の読み方になっています。

スポンサーリンク

購入方法

電子書籍がメインとなっているのですがAmazonのKindleは「iPhone」でも「Android」でもアプリを入れる事で見れるようになります。それなのでKindle端末が無くても大丈夫です。今のスマホで本を読めますのでかなり手軽に本を読むことが出来ますよ♪
Kindle電子書籍リーダー:Androidアプリ
Kindle電子書籍リーダー:iPhone・iPadアプリ

楽天Kobo電子書籍リーダー(すべての端末対応)

スポンサーリンク

書籍情報

  • 書籍名:エナジードリンク評論
  • 価格:400円(税抜き)
  • 販売日:2016年5月26日
  • 販売場所:Amazon(Kindle)、楽天ブックスなど約20ストアで随時配信開始
  • ※購入リンクは随時追加していきます。

【特典】
購入していただいた方には「エナジードリンクバー ブルーキャットさんのおすすめエナジーカクテルレシピ集」をダウンロードする事が出来ます。

エナジードリンクのカクテルってレシピ自体があまり無いのですが、このブルーキャットさんのレシピ集を見る事で美味しいエナジーカクテルを作る事が出来るようになりますよ♪

こんな人に読んで欲しい

まずは、エナジードリンクが危ないんじゃないか?と疑問を持っている人です。
エナジードリンクが危ないと誤解されている理由とそうじゃないという事や、実際にエナジードリンクで危ない状態になった人がエナジードリンクが日本で販売されてからいたのかどうか。という所を話しています。

そして、反対にエナジードリンクが安全という裏付けや、入っている成分についてのちょっと深めの解説などがあります。「エナジードリンク」というジャンルで大きくひとくくりにするんじゃなくて、成分などを知っておく事によって美味しく安全に飲む事も出来ますし、成分の事を知っておくことで効果的にエナジードリンクを飲める事にも繋がって来るんです。

エナジードリンクの効果的な飲むタイミングを知る事で、
朝から元気に活動していきたい人、お昼ごはんあとの睡魔がヤバイ人、仕事から帰ったらそのままウトウトしてしまう人、受験勉強で集中して問題を解きたい人、徹夜を乗り切りたい人などさまなシーンにあった効果的なタイミングを解説しています

「好きな時に飲む」というのでも全然美味しいので、良いのですがこのタイミングを知っておく事で日常をよりエネルギッシュに過ごす事が出来るようになる事マチガイナシ!

制作裏話

最初、ごきげんビジネス出版の光さんからお話をいただきました。その時には今まで好きな事で「雑誌」「ラジオ」に出る事が出来たり、「アンバサダー」という称号をもらえたりという事が出来ていました。ここで自分の本を出す事が出来たら残りはテレビ出演だけだなと( ̄ー ̄)ニヤリとした記憶がありますw

エナジードリンク評論家としての知名度を上げたいなという思いがありましたので、担当さんに出版のお手伝いをお願いしました。

よし書こう!と思って本の原稿を書いていくのですが、中々入力作業が進まないのです。「これで読んだ人喜ぶ?」「こんな情報知りたい?」「読みづらくない?」などと自分の文章に元々自信は無かったのですが、それはこのような無料で見れるサイトだから大丈夫だった事であって、お金を出して買ってもらうならちゃんとその金額分の満足感は得てもらわないといけないよね。そうじゃないと申し訳無いという思いが出てきました。

その悩んでいる間に気づいたら話をいただいてから数ヶ月経ってしまっていました、Twitterのフォロワーさんだと解るかもなのですが、最初は結構ノリノリのツイートとかしてたんですが、途中から修行的な感じで原稿に向き合ってしまっていたので一旦距離を置いてみる期間などを作りました。

結果距離を置く事と、値段は最後に担当さんに決めた貰おうという思いでカフェに数日篭って書き上げました。

そこから担当さんに原稿のチェックと一緒に「いくらなら満足します?」という事を聞いて「知らない事もあって面白かったし400円でいいと思いますよ」と言われたので、そのまま400円に設定しました。初めて本にする為に頑張って文章を書いて「面白かった」と出版社の人に言われて、そして自分の文章に値段が付いて嬉しかったのを覚えています。

最初は120円以上で言ってもらえたらいいなーって感じだったんですが、意外と上がってしまいましたw

読んでもらえたらきっと値段くらいの満足感やエナジードリンクに関する知識などを得る事が出来ると思っています、もし買ってもらえて感想があったら教えていただけると嬉しいです。

福田慎一郎