どうも!エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。
年末は忘年会が多いので、飲む機会も増えますよね、そこで気になってくるのは酔っぱらう時の対策ですね。

ベロンベロンになってしまったりしてしまうと大変ですし、二日酔いで仕事をするのは物凄くツライですよね。何度かやり過ぎた経験があります、、、家の鍵をなくしてマンションの屋上で眠っちゃう事もありましたw 鍵を探しに行こうかと思ったんですが、探しに行けるような状況でも無くそのままマンションの屋上へでバックを枕にして眠りました。

夏の事だったので、脱水症状で次の日顔色が青くなっていたそうで、出勤はしたのですがお昼すぎまでロッカールームでポカリスエットを持って篭っていました。ほんと動くのも大変で動きすぎると戻しそうな感じでしたw ご飯を食べずにビールを飲みまくっていたのが原因ですね。

27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0 s

そんな飲み会の前後に「栄養ドリンク」と「エナジードリンク」が活躍してくれるのです。

スポンサーリンク

飲む時にウコンのチカラはNG?

某ウコンのチカラは実際には実際には効果が無いと、ニュースメディアで調査結果が出ていました。この効果はアルコールの分解を助けるような作用があるように思えるのですが、実際は無いとされていました。

それなのでぼくはウコンのチカラは信じていません。美味しく無いですしw←ここ大切
実際にはウコンのチカラは「アルコールの分解をする」とは言われていないはずですので、ウコン入りドリンクという感じですね。

飲酒前にアルコールを分解しやすくする成分のひとつに「タウリン」があるんです。
このタウリンは栄養ドリンクに商品によりますが大体1000mg程度配合されていますよね。そのタウリンはアルコールの分解をしやすくするのです、それなので今から飲みに行くぞ!という時には栄養ドリンクを飲むようにするといいでしょう。

そしてこの時にはタウリン量が1000mg以上入っているのがおすすめです。
よくおつまみに「スルメ」が食べられるんですが、スルメ表面の白い粉はタウリンなのでかなりお酒に合うおつまみの一つなんです。

このアルコールを分解しやすくするというのは、酔っ払わないという訳ではなくて、飲んでふわふわと楽しくなるのですが、その後の気持ち悪い消化時間を短縮するという感じだと思ってもらえればいいと思います。飲んだから酔わない訳じゃないという事をお伝えしたかったのです。

二日酔いにはエナジードリンク

二日酔いにはエナジードリンクがおすすめです。

ちょっと前に二日酔いの時にはラムネを食べると緩和されるというような情報が出ていました。ラムネとはお菓子の白いラムネの事です。何でラムネがいいのか調べてみるとラムネはほとんど砂糖で出来ていて、その砂糖が二日酔いの緩和に役に立つそうだったのです。

そしてカフェインの効果には「覚醒」があります。
この覚醒によって、二日酔いの気持ち悪さを誤魔化して感じづらくさせてくれるようになるのです。元々の二日酔いの状態を解消している訳じゃないのです。

迎え酒というコトバがありますが、あれは二日酔いをお酒によって誤魔化して二日酔いの気持ち悪さを抑えるという事だそうで、カフェインの作用もそのような感じなのです。

その「砂糖」と「カフェイン」の両方が入っているのがエナジードリンクなのです。
二日酔いの時に水分を飲み過ぎると余計に気持ち悪くなる時もありますので、レッドブルなどの185mlの小さい缶などがいいでしょう。

あとノンシュガーは砂糖が入っていないので、ちゃんと砂糖が入っているものを選びましょうね。

海外のエナジードリンクにはアルギニンではなくてタウリンが配合されているのですが、そのエナジードリンクとお酒を組み合わせたカクテルが流行っていますよね?
あれはもしかしたら楽しく酔えて効率がいい飲み方なのかもですね。