夏ウイードエリアでバスを釣るフロッグとワームの落とし込み方法

夏のウイードが生い茂っているエリアで、バスを釣る方法についてです。

フロッグかなと思いますが、真夏になるとウイード内に入れて上げる方が、口を使わせる率が上がります。

ウイードの濃さで使うルアーを選択

 

フロッグはサーチ力が高いので、まばらなウイードエリアで使って。大きく濃いウイードエリアではウイード内にワームを入れて釣っていきましょう。

野池などの池全体が小さい場合は、まばらでもワームを入れて攻めて行くのもアリです。

琵琶湖など広いフィールドなら、ワームでやっていたら時間がかかってしまうので、フロッグでサーチして、良いポイントを絞ってからワームでもいいでしょう。

ウイードエリアでフロッグを使ってサーチ

フロッグは一般的なドッグウォークタイプと、ホッパータイプの2種類があります。

広範囲やアピール力を上げたい時には「ホッパータイプ」で、ある程度絞れている時には「ドッグウォークタイプ」かなと思います。

フロッグは水面にあるので、バスに見切られづらいので、プレッシャーが高いフィールドでも口を使わせやすいのがポイントです。

フロッグが使えそうなら、フロッグを使った方が効率よく釣りができますし、釣れればでかいでしょう。

フロッグの使い方

ウイードの濃ゆい真ん中を通すように動かしていきます。

ウイードパッチという、ウイードの穴がちらほらあると思うんですが、そのウイードパッチで一旦止めて喰うタイミングを与えてあげます。

バスはウイードの下から「あ!なにか餌が来たぞ!」と狙って追っていき、ウイードパッチで待っているところをパクっといきます。

あとは強引に引っ張り出して釣り上げます。

おすすめフロッグ(ペンシル)はバグフロッグ

よく飛び、よく動いてくれます。村上晴彦さんが作ってるだけあって、バスに口を使わせる力がありますね!

おすすめフロッグ(ホッパー)はバスターク

よく飛び、しっぽのファーが水面でユラユラといい仕事してくれます。

ごちゃごちゃした場所にキャストしても、高い確率で帰ってくるので、ギリギリを攻められるので、結果釣れます!

ラトル入りなので、かなり広範囲にアピールしてくれる強いフロッグです。

ウイードパッチにワームを落とす

ウイードパッチという、ウイードの隙間にワームを落とす使い方です。

ウイードパッチを狙ってキャストするんじゃなくて、ちょっと遠目にキャストして、ウイード上をズルズルと引っ張ってきて、穴に落としてあげる感じです。

ズルズル引いてくる時に「餌がここにいるよー」ってアピールしてくれている感じですね。

ウイードパッチにワームが落ちると、もう結構すぐ喰って来てラインがゆっくりと走ります、最初は「ウイードに引っかかったかな」と思っちゃうんですが、動くんですぐわかると思います。

フォーリングもあるので、落ちないって思った時も喰ってるかもしれません。

そのままフッキングしたらOKです、そのままウイードを巻き込んで釣れてきます。

ウイードパッチだけを狙いたい時には、ワームがある程度大きい方がいいんですよね、そうじゃないとすべてのウイードの隙間に落ちてしまって、狙った釣りができません。それなので大きめで落ちないワームが良いかなと思います。

ワームの針先はボディーに挿してウイードを拾わないようにしておきます。

ビフテキリグかライトテキサスでしっかり落とす

3.5gくらいの軽いビフテキリグかライトテキサスにして、ウイードパッチにストンと落ちやすくしてあげます。できればタングステンの方が小さいので落としやすいです。

重さで落とすというよりも、垂直に落ちるサポートとしてあげるイメージですね。

ぼくはフリーにしているんですが、10センチくらいでウキ止めゴムをつける人もいます。

カエルやザリガニが多いなら「パワーグライダー」

ベイトにも見えるし、カエルやザリガニにも見える万能ワームです。

フックはバックスライドセッティングじゃなくて、逆にセッティングしてウイード抜けを重視していきましょう。

ノーシンカーで通常は向こう側にスライドしますが、手前側に来てくれます。ビフテキリグなら軽く回りながらフォールするので好きです。

小魚が多いなら「デスアダー」

ベイトフィッシュに合わせるならデスアダーがおすすめです。

サイズはベイトフィッシュに合わせていいと思います、ぼくはどこでも6インチを使っています。

フォーリング時にブルブルと震えてバスを誘ってくれます。

真夏のウイードをデスアダーで狙う動画

実際にやっている最中の動画を撮影してみました。

デスアダー6インチのビフテキリグを真夏のウイードに入れて釣れました

ウイードエリアを狙うならラインは太めがいい

プロの人達なら専用タックルで40ポンドとか太いPEラインを使用されます。

しかし、専用タックルが厳しい場合も多いので、フロロの16ポンドくらいがウイードをブチブチ切りながら釣りができるのでおすすめです。

他の釣りもしたいからナイロンを使うなら、こちらも16ポンドはほしいですね、そして劣化して白くなってきたら早めに、劣化部分を切ってラインブレイクを防ぎましょう。

まとめ

ウイードの中は警戒心が比較的弱く、ルアーを見切られづらいので、デカバスのチャンスが大きいので、しっかり準備して狙っていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう