バス釣りにスナップを使うメリットデメリット

ぼくはバス釣りの時はスナップ派で必ずスナップを使って釣りをしています。

効率よくルアーチェンジをして釣っていくなら必要なアイテムです。

ルアーに直結して使っていると「ルアーチェンジが面倒だからこのままでいいか」とルアーローテーションを妥協しがちです。

ちゃんとバスを釣る為にも、ルアーローテーションの上達の為にも、直感を感じたらさっとルアーチェンジをするのが大切なんです。

その面倒さによる機会損失を無くす為のアイテムがスナップです。

バス釣りにスナップを使うメリット

ルアーチェンジ時にスナップを取り付けるだけなのですぐにルアーチェンジする事が出来ます。これが一番のメリットになっていますね。

ラインを切ってから再度結び直す事がぼくは面倒に思えるのでかなり助かっています。

かなり細かくわかりずらくて使っていてもあんまりわからないんですが。

もともとルアーに付いているリングは幅が広く、スナップの方が幅が細く、しっかりと結ぶことが出来るので結び目強度が上がりやすいとされています。

リングより可動範囲が広がるので、クランクベイトのようなロールするルアーの動きをしっかりと活かしてあげる事が出来るようです。

スピナーベイトでスナップを使う方法

 

スピナーベイトでスナップを使う時には、海釣りコーナーで販売されている「ウキ止めゴム」をカットしてこのようにスピナーベイトに付ける事で使えるようになります。

専用のアイテムも販売されているんですが、違いはそんなにわからなかったので、好きな方でOKです。

スピナーベイトでスナップをつけたら、フォーリング時などにスナップの絡みや、ブレードにラインが絡みやすくなります。

こまめなラインチェックは必須

障害物付近をスピナーベイトやクランキングで流していたりすると、ラインへの擦れが蓄積されていきます。

スナップを使っていたらこのラインの消耗に気づかずラインブレイクへ繋がるので、こまめにラインチェックしていきましょう。

ラインを50cmほど指で滑らせてザラザラとしていたらカットしてスナップを結びなおしましょう。

スナップを使うデメリット

繊細な釣りをする時など、スナップが気になるなという時は直結びしましょう。

ノーシンカーワーム、ラバージグ、ミノーをベイトフィッシュに似せて使う時などですね、スナップがついてても喰うので問題ないんですが、じっくりとみせるような釣りの時には外した方がよさそうです。

複雑な障害物をスピナーベイトで通すような時は、スナップが障害物やウイードにかかってしまうので、直結の方がおすすめです。

サスペンドルアーがスナップの重さによってシンキングになる可能性もありますが、かなり稀です。

それ以外は特にデメリットは無いと思います。

おすすめのスナップとサイズ

スナップなら何を使っても良いっていう訳じゃなくて、しっかりと強度がある商品を選ぶようにしましょう。

以前は強度が書かれていないものが多かったんですが、最近ではひっぱり強度が書かれているのでチェックしましょう。

ウォーターランドのスナップ

おすすめはウォーターランドのスナップです、太字ワイヤーを使ってありずっと使っていますがスナップが原因でのトラブルは一回もありません。

スピニングで使う10g以下のルアーを使うならサイズは#1で、ベイトで使うような10g以上のルアーなら#2がおすすめです。

エバーグリーンのワイドスナップ

エバーグリーンのワイドスナップは、名前の通りワイドになっているので、ルアーのアクションを活かしてくれます。

クランクなどがしっかりと動くので、ハードルアーをよく使う時には、このワイドスナップがおすすめです。

サイズ感も小さいのでバスに変なプレッシャーを与えないのもいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう