バス釣りにおすすめのPEラインとリーダーの結び方

今回はバス釣りにPEラインを使う時に気になることをまとめていきます。

ぼくもはじめてPEラインを使ったのですが、何でもっと早く使っておかなかったんだ!と思うほど、好きなラインへとなってきました。

おすすめのPEラインのランキング

さっそくですがおすすめのPEラインのランキングです。

安いPEラインもあるんですが、トラブルが多くなるのでおすすめできません。

PEラインは高品質の物を買う事で、長く使えるのでコスパがよくなっていきます。

よつあみX8

よつあみのX8は一番多いラインの編み込み数で強度が高いのが特徴です。

高レベルのPEラインなので他と比べると若干値段が高いですが、
その分劣化なく使えるので長持ちとなり、
結果としてコスパがよくなっていきます

愛用者も多く安心して使い始めることができるでしょう。

ダイワ月下美人

村上晴彦さんがバス釣りの時に使われているPEラインは「月下美人」です。

商品にはアジングやメバリング用っぽく書かれているんですが、根ズレなどにも強く強度も折り紙つきです。

繊細な釣りにも向いているのでより細いPEラインを使いたい人にもおすすめです。

ぼくが使っているPEラインセッティングは太め

 

ぼくがスピニングで色々とやる用で使っているセッティングです。

よつあみX8の0.8号にリーダーはシーガーグランドマックスの4号です。

1年ほどこのセッティングですが一切トラブル無しで使えていて、不便に思う事もありません。

デカバスを逃したく無いので太めのセッティングです、
よつあみX8の0.6号、グランドマックス3号くらいまで落としても大丈夫だと思います。

PEラインとは?

ナイロンラインや、フロロカーボンラインは、ざっくりいうと1つの素材で(層がありますが)作れています。

PEラインは細い糸を編み込んで作られています、それなので「細い」のに「強度」があるラインとなっています。

ぼくが使っているX8のPEライン0.8号は、16ポンドという高い強度があります、ナイロンラインの0.8号は3ポンドです。

ナイロンラインと比べて約5倍の強度があるということになります。

PEラインのメリット

細いのに強度がある

PEラインはナイロンラインと同じ細さで約5倍の強度があります。

0.8号で比較すると、PEラインは16ポンド、ナイロンは3ポンドとなります。

細いのに強度があるのは大きいメリットとなります。

細いから飛距離が出る

強度があるのでラインを細くすることができます、ラインが細くなると飛距離が出るようになり、

今まで狙えなかったポイントまでキャストが決まるようになります。

長く使える半年〜1年

使用方法にもよるんですが、1度巻いたら半年〜1年ほどは余裕で使えます。

トータル的に考えるとコスパがよくなる場合が多いです。

伸びがほぼ無い

編み込んであるのでラインの伸びがほぼありません。

フッキング時のチカラをフックに素早く伝えられるので、合わせミスが減りやすくなりますし、カバー際では潜られないように素早く寄せる事が可能です。

PEラインのデメリット

摩擦・擦れに弱い

PEラインの一番のデメリットは、摩擦に弱い事です。

細いラインを編み込んであるので、硬いものに擦れると細いラインがプツプツと切れてしまいます。

このデメリットを減らす為に、リーダーを付けて摩擦しやすいルアー側を守ります。

リーダーとはルアー側の2〜30cmを摩擦に強い、フロロラインを使って弱点を克服する方法です。

スっぽぬけが多い

PEラインはナイロンと比べると、表面がかなり滑りやすくなっています。

ナイロンの感覚でルアーにPEライン直結してしまうと、キャスト時にそのままスルスルとラインが解けてしまいます。

風が強いと流されやすい

風が弱い時にはそこまで気にならないんですが、軽いルアーを風が強い時に投げると、

PEラインが風に流されてコース取りが出来ませんし、ラインが流されるのでルアーも動いていってしまいます。

キャスト後にラインを水面に浸けて沈めてあげると、流されるのがちょっとマシになっていきます。

ガイドが削れる

PEラインの編み込みの中に小さな砂が入り、それが擦れることでガイドが削れる事があります。

これは、1万円以上するロッドの場合には問題ないのがほとんどです。

1万以上のロッドにはPEライン対応の「Sicガイド」が使われています。
(それ以外にも対応ガイドは増えています)

安いロッドになってしまうと、ガイドがPEを使っていたら削られてしまうものもあります、自分のロッドガイドがPEラインで使えるかどうかは、ガイドを調べてもいいですが、ロッドメーカーに電話して聞くのが一番手っ取り早いでしょう。

値段が高い

ナイロンラインが100m1000円前後なんですが、PEラインは200mで3500円前後と高額です。

しかし消耗が少ないラインなので、使いはじめて半年〜1年は余裕で持ってくれます。

PEラインをリールに巻く時のポイント

ラインの空回り防止方法

PEラインをリールに直接巻くと、滑りがいいのでスプール上でクルクルと空回りしてしまいます。

それを予防する方法は、

・スプールにPEラインを結んだあとテープを貼る
・スプールにナイロンラインをスプールが隠れるほど巻く
・しっかりとズレない結び方をする

この3つどれかで空回りしなくなります、

ぼくは簡単なテープを貼って対応しています。

PEラインにはリーダーが必要

リーダーという継ぎ糸が必要になります。

PEラインの1,5倍くらいのフロロを基準にしておきましょう。

リーダーで使うのはフロロカーボンラインで、

海でも評価が高いリーダーの「シーガー グランドマックス」がおすすめです。

PEラインとリーダーを簡単に結ぶ堀田式FGノット

堀田光哉氏直伝!!釣人必見!!「☆超簡単☆約20秒でできるFGノット」

ちょっと動画ではわかりづらいんですが、ぼくもこの動画を何度も見てFGノットが簡単に結べるようになりました。

今では1分もあれば余裕でFGノットが出来ます♪

外でも結べるんですがPEラインカッターは必須です。

まとめ

PEラインはちょっとめんどくさいなと思って使っていませんでした。

しかし実際に使ってみるとわかるんですが、

強くてよく飛ぶので、より遠くのポイントを狙えるし、フッキングが決まりやすくなりました。

デメリットはリーダーを結ぶのが若干面倒な所ですねw

でも慣れたら1分で結べるので最近はそんなデメリットにも感じなくなってきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう