GoProHero6で釣り動画を撮影する時に必要な物全まとめ

釣り動画をGoProで撮影しようかなと思って、釣りする時に必要な道具を調べて、実際に購入してみました。

今後釣り動画をGoProで撮影される人の参考になれば嬉しいです。

GoPro6を使った釣り動画の撮影条件

1日釣りをしたらだいたい8時間あれば十分かなと思います。

もっと釣りしてると思うんですが、移動とかご飯とかの時間を抜いたらそれくらいかなと思います。

8時間連続で撮影する前提で考えていきます。

撮影画質はフルHD(1080-60fps)でYouTubeでも見やすい

フルHDという撮影画質で1080-60fpsというものです。

1080が画面サイズで、60fpsがきめ細かさ(120はもっとなめらか)です。

釣りをするなら1080は欲しい所で、バイトシーンの事を考えると60fpsはあった方が、スローモーション加工したい時とかには良いです。

ここは実際に使ってみて変更できるので、そこまで深くは考えなくてOKです。

GoPro(ゴープロ) HERO6 Black

GoPro本体です。

GoProHERO5の方が安かったんですが、5には手ぶれ補正が無いので、画面がガクガクなってしまいます。ウキ釣りで固定ならGoProHERO5でOKですね。

バス釣りだとファイト中にブレるので、GoProHERO6を選びました。

GoProHERO6は防水付きで安心です。

GoProHERO6の付属品

バッテリー、USBケーブル、付替えマウント、説明書、保証書。

マイクロSDカードは128GBで約9時間録画可能

GoPro公式サイトでは「サンディスク エクストリーム」社のSDカードでの録画時間が記載されています。

フルHD(1080-60fps)で撮影すると、32GBで約2時間11分、64GBで約4時間22分です。

という事は128BGで約9時間ほど録画可能なので、1日釣りするには十分かなと思います。

GoPro推奨のサンディスク エクストリームがトラブル無くていい

推奨されていないSDカードの方が半額くらいで売ってるんですが、推奨されてないSDカードも使えるんですが、トラブルが起きた時の対応が面倒です。

そして炎天下で釣りする時や、寒い時に釣りをする時に、発熱やエラーが出てしまう事を考えると、サンディスク エクストリームのSDカードにしておいた方がいいと思いました。

GoPro正規バッテリー1つで2時間ほど

GoPro正規バッテリーで約2時間ほどもちます。

GoPro公式サイトには1時間と書かれているんですが、GoProはかなり低めに発表されているようです。

これは色々な口コミを見たので2時間くらいは余裕で持つでしょう。

安い非純正バッテリーは安いが1時間くらいしか持たない

安い非純正バッテリーが販売されています。

純正バッテリーは2時間もつのに、非純正バッテリーは1時間ほどと、半分しかもちません。

予備バッテリーを何個も持てる車での釣りの人なら、それでもいいと思いますが、ぼくはオカッパリで荷物をちょっとでも減らしたいので、純正バッテリーのバッテリーを購入しました。

あとGoProのアップデートで使えなくなることもあるそうです。

8時間釣りするならバッテリー4つ必要

バッテリー1つで2時間なので、8時間なら4つバッテリーが必要です。

GoPro本体に1つ、充電器に1つ付属されているので、2つ購入すればOKです。

GoProデュアルバッテリーチャージャー(充電器)

デュアルバッテリーチャージャーは充電器のことです。

もうこれはGoPro純正バッテリーチャージャーでOKでしょう。2つ一気に充電出来るのは嬉しいですね。

バッテリーセットが若干お得です。

GoPro用予備バッテリーを使うのもあり

予備バッテリーを持っておくのもアリです、GoProに充電する時は「5V1アンペア」か「5V2アンペア」が推奨されています。

スマホの予備バッテリーは5V4アンペアくらいなので、使えなくは無いですが、倍近い電圧を送るのでトラブルが起こる可能性があります。

予備バッテリーを持つなら、GoProもスマホも充電出来るこの商品が人気でいいですね。2アンペアで最適です。

GoProのモバイルバッテリーもあるんですが、1.5アンペアなのでスマホの充電は若干遅めです。

首に掛けるネックハウジングマウントが使いやすい

首にかけるだけで使える「ネックハウジングマウント」が使い勝手がいいですね。

首下なのでGoProのマイクで音を拾いやすくなるので、マイクの音量を気にする人にもおすすめです。

プラプラしそうなイメージがあるんですが、GoPro6の手ぶれ補正機能で全然ブレを感じません。

胸につけると暑いしちょいダサい気がする

チェストマウントもあるんですが、ちょっとダサい気がしてしまいます。

そしてぼくは暑がりなんで、ベルトを4本も付けているのがちょっとツライし、GoPro自体の発熱が夏には嫌になります。

偏光レンズ(PLフィルター)で水面のギラツキカット

バイトシーンやチェイスシーンを撮影したいので、偏光レンズも必要です。

偏光レンズはカメラ界ではPLフィルターと言われています。

なかなか販売されていないんですが、その中でもこの偏光レンズが商品が安くてしっかりとしていました。

このフィルター使ってたんですが、バッテリー交換時に外さないとダメなので、自作で偏光レンズを装着して使い始めました。

個人的には自作がおすすめです。

GoProを偏光板を使ってPLレンズにしてみた!
釣りでは「偏光レンズ」なんですが、カメラでは「PLレンズ(フィルター」と呼ばれています。 GoProってオフィシャルで偏光レンズがありません。 オフィシャル以外で探してみたら、GoProに装着するレンズがあったんですが、GoPr...

画面保護フィルムで画面割れ防止

GoProの画面割れたら修理でお金かかるんで、画面保護フィルムは貼っておきましょう。

1000円で画面割れを防止出来るなら安いもんです。

画面が濡れても撥水(水をはじく)加工されてて使い勝手よさそうなこれがおすすめです。

落下防止のストラップ

知り合いがGoPro使ってて池に沈んでいったという話を聞いたので、落下防止ストラップは必須かなと思います。

ネットだと高めなんで、100均一とかでも良さそうです。

GoProHERO6の釣りセットは合計で6万円弱で購入

GoProHERO6の釣りセットは合計で6万円弱で購入できました。楽天セールの影響も大きいです。普通だと6万円超えちゃうくらいですね。

ざっくりですが価格を書きますね。

  • GoProHERO6 40000円
  • 保護フィルム 1000円
  • バッテリー2個 5000円
  • バッテリーチャージャー(充電器)6000円
  • SDカード128GB 8000円
  • ネックハウジングマウント 1500円
  • 偏光レンズ 1300円

まとめ

あとはGoProを使ってデカバスを釣るだけです!

トップウォーター多めでバイトシーンを撮影したいですねー

釣らなきゃGoProを買った意味が、、、wがんばりましょうw

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう