GoPro用三脚の選び方とおすすめ商品

GoProに三脚を使いたい時に、失敗しない為に知っておいて欲しいことがあります。

3つの選び方をチェックして購入すれば、間違いないと思いますよ。

GoPro用三脚の選び方

脚が棒タイプよりクネクネ三脚(ゴリラポッド)

三脚の足が棒タイプで曲がらないタイプと、クネクネしたタイプの2つがあります。

棒タイプは地面が平な場所では安定感が合って良いのですが、ぼくのように外で釣り場で使いたいので、クネクネ三脚をおすすめします。

クネクネ三脚は、3本でガッツリ掴むので、その辺りにある木、ガードレール、自転車となんでも固定する事が可能なので、かなり万能となります。

デメリットは何も無い場所だと、地面に置くことになるので、高さが欲しいかなという所ですね。(中々そういう場所は無いですが)

持ち運びしやすさ

ぼくはリュックにサッと入れて持ち運びたいです。

棒タイプだと長さがリュックの中で横になったりしたら邪魔に感じてしまいます。

クネクネ三脚も持ち運び時は棒状でも、軽く畳んだりできるんで、多少持ち運びしやすいかなと思います。

GoProのセットしやすさ

GoProのセットが簡単な方がいいですよね。

GoPro専用の土台をセットするのが、ガッチリホールドしてくれるので良いんですが、マウントのセットがぼくはめんどくさいなと思ってしまいます。

それなのでスマホ用ホルダーで挟める方が、楽ちんでいいなと思いました。

GoProHIRO6は、高さ3.2cm、幅6.2cmなので、どっちかでスマホホルダーが挟めればOKです。

おすすめのGoPro用くねくね三脚

一番人気!JOBYのゴリラポッド

クネクネ三脚を最初に販売したゴリラポッドです。

多くの人に使われているので、安心して購入できますね。

先のGoProマウントをベット用意する必要があります。

一眼レフも支えられるVikrinのフレキシブル三脚

GoProだけじゃなく、一眼レフなど重たいカメラにも使いたいな、と思われているならこのVikrinのフレキシブル三脚がおすすめです。

耐荷重が3kgまでです。

付属されているホルダーでGoProを掴むことができます。

コスパ最強のKondolenミニ三脚

旧式は400円ほどで、新しいものは600円ほどで購入できます。安いだけじゃなくレビューの星も高いコスパ最強のクネクネ三脚です。

旧式は安いんですが、ホルダー幅が足りないのでベット購入する必要があります。

新しいものは、ホルダーでGoProを掴めますし、掴む部分がスポンジなので傷の心配も無用ですね。

まとめ

ぼくはコスパ最強のKondolenミニ三脚の新しいものを購入しました。

とりあえず安く使ってみて、何か不満があれば上位モデルに切り替えればいいかなと思いまして。

でも、レビューを見ている限り、このKondolenミニ三脚で全然問題なく使用出来そうでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう