デプスのバズジェットの使い方と使うタイミングはシンプル

今年に入ってバズジェットを使い始めたんですが、使い方が簡単でデカバスを釣って来てくれるので気に入っています。

その使い方について解説したいと思います。

動画もあります。

デプスのバズジェットの使い方解説

デプスのバズジェットの使い方

バズジェットシリーズの「バズジェット.Jr」や「バズジェットマグナム」も同じ使い方でOKとのことです。(キムケンさん談)

深い時はキャスト後待つ

深い場所で釣りをしている時は、キャスト後に波紋が消えるまで待って、バスの興味をひきつけてから巻き始めるのがおすすめとパッケージに書かれています。

ぼくは陸っぱりですし、せっかちなのですぐ巻いちゃいますがw

ゆっくり巻き

かなりゆっくりと巻きます、少し巻きスピードを上げていって、お尻のペラがカシャカシャと音を出しながら動くくらいが、バズジェットが一番釣れる巻き方です。

巻きが遅いと引き波を立てるだけで、早いとブリブリと潜ろうとして音は出ますが、ちょっと早すぎるかなという印象です。

遅めからスピードを上げてカシャカシャいう速度を一度掴めば簡単に出せるようになります。

遠投した時にはロッドを立てて上げないと、この音が出づらくなるので注意です。あとフロロラインを使ってる時も出づらいです。

ゆっくり巻き+ジャーク

ゆっくり巻いてきて障害物付近でジャークを入れます。

ジャークの入れ方が結構難しくて、失敗するとバズジェットがバランスを崩して水面に飛び出してきます。

パンパン!というジャークではなく、ゆっくりから徐々にチカラを入れるジャークが必要です。

障害物付近でトゥイッチ

障害物付近にキャストしトゥイッチする事で、ドッグウォークっぽい動きを1点でやってくれます、この時バズジェットのラトル音がカエルのゲコゲコ音に似ていて、口を使わせると言われています。

実際やってみるとほんとに似てますが、まだこれで釣った事はありません。

バズジェットを使うタイミング

バズジェットは強いルアーなので、タイミングが違うとバスが引いてしまいます。

朝方など薄暗い時

朝方など音と引き波でアピールしてくれるのでベストタイミングかなと思います。

波が強い時もOK

波が無い時や弱い時も良いんですが、波が結構強い時でも、バシャバシャとアピールしてくれて釣れます。

濁りが入っている時の方が喰いやすい気がする

濁りが入っていた方がバスを騙しやすいので、濁りが入ったタイミングで使うのはいいですね。

バズジェットのおすすめカラーはブラック

 

おすすめカラーはマットブラックです、比較的入手しやすいカラーかなと思います。

水中からバスがバズジェットを見た時に、ブラックはハッキリと輪郭が出て、狙って喰いやすいかなと思っています。

引き波が大きいので、ミスバイトを減らしたいという意味もあります。

バズジェットの実釣動画

城北ワンドでバズジェットをガッツリ喰ってくれました。

【ロクマルチャレンジ】2018年7月13日淀川城北ワンドの朝イチバズジェット#1

自己記録更新のデカバスもバズジェットでした。

8月30日台風後の大阪大川でロクマルゲットしちゃった!?♪ロクマルチャレンジ#6

まとめ

バズジェットはめっちゃおすすめのルアーです、みんなも使ってデカバスを釣っちゃいましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう