2018年6月22日の城北ワンドは濁りの影響で不発

シマノから修理したロッドが帰って来たので、2週間ちょっとぶりに釣りに行ってきました!

わくわくしすぎて前日11時は布団に入ったんですが、2時になっても目がギンギンです。もうそれなら日の出を狙っちゃえ!と思って城北ワンドへ向かいました。

 

もうめっちゃ真っ暗でライト必須レベルです。河川敷がここまで暗いとは思ってなかったんで、ライト持ってきてなくて、公園のライト前でタックルセッティングを行いました。

 

一発目はとりあえずバズジェット、暗闇の中で使えるのはコイツくらいしか知らない。

城北の3番ワンドは実績があるからか、まだ日が出ない薄暗い3時半頃に到着したんですが、すでに先行者が1名いらっしゃいました。

日の出とともに城北3番ワンドに釣り人が集まる

いつもはヘラ師さんが居る側から攻めて行こうかなと思いつつ、道路側のバズジェットで流していると、日の出の時間ととともにゾクゾクと釣り人が集まってきました。

バズジェットに小バスのショートバイトが一回ありました、ただそれだけ。

みんなトップウォーターやビックベイト系を投げられているようですね、ぼくもバズジェット投げていたんですが、これは見切られちゃうんじゃないか?と思って色々と変更を繰り返したんですが。

ワンド内の水が動いていない。

本流側に行ってみたんですが、本流側は泡立っていてその泡が消えていない、濁りも入っていました。

八雲ワンドへ移動するも人が居ない

八雲ワンドへ移動してきたんですが、ヘラ師の方もワンドではなく本流へいっています。

チビタレルを使って出てきたりしないかチェックするんですが、気配が無い。小バスが一匹ついて来ただけ。

前回40UP2匹釣れたイヴォーク1.2のチャートにチェンジ。

細かくキャストをしていっていると、アタリが!!合わせたんですが乗らずでした。鯉とかの体に当たった感覚とはまた違う気がしたんだけどな、イヴォークのフックなら触れたら貫通するから、リップに当たっただけかな。

城北ワンドへ戻ってチビタレルを流す

城北ワンドで本流と繋がっているワンドを中心に、チビタレルで流していったんですが、なんの反応もなく周り終わりました。

小バスは結構見えていたんですがね。水が動いていないのがやっぱ気になる。

毛馬クリームは激濁り

毛馬クリームは途中からカフェオレ色くらいの激濁りで、絶対バスは口使わないだろう!と思ったんで、キャストも数回で終わりました。

GoPro撮影してたのにな

 

GoPro買ってから初めての釣りだったんですが、残念ながらヒットシーンを捉えることなく終わりました。

GoProで取りたいと思って、トップ系ばっかり使ったのもダメだったのかもw

あー、早くリベンジしたいな♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう