2018年6月5日午前中に淀川城北ワンドと八雲ワンドで40アップ2匹ゲット

どうも、今回は淀川にしちゃいい釣果でした。

本当は昨日行こうとしていたんですが、天気予報の雨マークがあったので1日ずらして釣りに行くことにしました。

天気的には活性が低くないと予想

今日の夜から雨の予報なんで、気圧的に活性は低くなくて、動き回っているかなと予想しました。

それなので朝イチ6時頃は毛馬クリーム側から入って、バズジェットという強めのルアーからはじめました。(ただバズジェットで釣りたいだけw)

 

本流も毛馬クリークも水質が悪いんで、バズジェットは強いから発見されやすいかなと思って使い続けました。

風無くてベタっぽい状態が続いていたんで、バズジェットはやっぱり強すぎるかなと思って、イヴォーク1.2のチャートに変更。

城北ワンドで子バスゲット

8時過ぎくらいからすこし風がでてきて活性が上がったのか、城北ワンドと本流が繋がっている所で小バスがイヴォークに食いついてきました。

足元で釣れてそのまま抜き上げたらフックが外れて、テトラポットの隙間に落ちちゃいました(汗

バスにダメージ与えるのも嫌なんで、そっとそっと草をかきわけ、穴の中をバスの動く音を感じながら探して救出。

エラに空気送ってあげたおかげか元気に帰っていきました、よかった。

 

そこからざっとイヴォークを投げて回ったんですが反応無しで、今日はヘラ師さんがめっちゃ居るんで邪魔なるのも嫌なんで、移動を決意。

八雲ワンドで釣り開始

八雲ワンドに到着した時には10時過ぎで日が上がってて暑い。でも、バスにとってはまだ余裕で動ける水温だと思ったんで強気にイヴォークを投げ続けていきます。

八雲ワンドに来たのが2回目なんで地形を把握したいんで、狭い範囲でのキャストを繰り返していきました。

小バスとライギョは居るなって思いつつつ、

足元と平行に引いている時にグンッ!

さっきデカ目のライギョを見ていたんで、もしや!?って思ったんですが、バスの姿が見えて安心。でもデカイ!やばい!!バラしたくない!!

フックがちゃんと2本かかっているのが見えたんで、ボディーを掴んだんですがめっちゃ暴れる!

ロッドを地面に置いて、片手でバス本体を掴んで、片手で口を掴みキャッチ。

 

 

口を掴んでるのに何度も暴れるコイツ!体を洗ってあげようと思ったんだけど、逃げそうなんでちょっとそのまま撮影。

めっちゃナイスフィッシュで45センチ!暴れるんで測ってる写真撮れない(汗

 

もうめっちゃ満足しちゃいましたね。

調子乗ってチャートからレッドクローにカラーチェンジ!

足元まで40アップと20センチ2匹が追ってきたけど口を使わないから、カラーが合ってないんだろうなって思ってチャートに戻しましたw

また来た!

丁寧に対岸を流していくと強いアタリが!!!

スイープで合わせて巻いているとリールが若干ガタつく(汗

めっちゃ引きが強い30くらいかな?って思って足元まで来るとまあまあいいサイズ!

足元でキャッチしようとしたけどコイツも暴れまくるんで中々キャッチ出来ず、そのまま引っこ抜き。

ショートバイトだったんだな、ピアストレブルフックの刺さりスゴイなw

 

いいサイズじゃん♪

 

コイツも暴れるんでちゃんと測れない、写真は0地点がズレてるけど、42センチでした。

もうちょっと地面濡らしておけばよかった(ごめん)

 

1日に2匹も大きめサイズを釣って自分でもビックリして叫びそうでした。

やっぱイヴォークのチャートがパターン入ってるんだろうなと確信。

デカバスのクルーズ

最初の釣った45センチっぽいやつをトップに40センチ2匹の、合計3匹のクルーズを発見。

釣れたのはこのバスなのかわからないけど、結構いいサイズを溜め込んでるんですね、八雲ワンドは。

産卵後っぽいガリガリの50UPも居たけど、なんか可愛そうだったからそっと見守ってました。

ここで11時。

帰り道に城北ワンドと毛馬クリークの美味しい所だけ

もう満足したんで帰ろうとしたけど、「イヴォークパターン入るんちゃうの?」っていう欲張りな気持ちも出てきました。

城北ワンドの本流と繋がってる場所だけサーッと流してみたんですが反応なし。

毛馬クリークも反応なし、てか水が悪すぎで釣れる気がしない。

そのまま大川の方を見つつ帰宅。

淀川にイヴォークはおすすめ

淀川って濁る事が多いじゃないですか?そんな時に強い水押しのイヴォーク1.2がおすすめです。

全体的に浅めな時が多いんで、1.2で根掛かりせずちょうどいいレンジを攻めることが出来るようです。

淀川攻略に持っておくのをおすすめです。(宣伝w)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう