2017年11月8日淀川城北ワンド&毛馬クリークの釣果

そうだ!明日淀川に行こう!そう前日に決めてから、毎回ユーチューブで淀川のバス釣り動画見てイメトレしていますw

状況違うんでイメトレしても、、、って感じはするんですが、「釣れるんだ」っていう気持ちを得る為にですね。

淀川の7時は既にフナ釣り師が多い

前日に「あしたあんな攻めしたい」「こんなルアー使いたい」って考えすぎていたら、深夜2時を超えていました。淀川の始発向かうのに起きるのは4時半です。

朝気づいたら5時10分、今丁度始発が発射しました。久しぶりの寝坊!!

バタバタと準備してリュックに道具詰め込んで、小走りで駅向かって、駅から淀川まで小走りで向かったので到着する頃にはしっとりと汗をかいてしまっている。朝7時前なのに!!

 

城北ワンドを見た瞬間「うわ!フナ釣り師多っ!!」って思っちゃいました、いつも始発の時なら全然居ないのに、1時間遅くなっただけでこんなになるんですね。

ガチの一投目で釣りたいなら始発は必須という事ですね。

スピナーベイトで釣りたい

スピナーベイトは好きなルアーなんで、早く淀川で使って釣りたいって思っていたので、Dゾーン1/2ozのアユカラーでブレードは金を使っていきました、丁寧なキャストをする人は少ないだろうと思ったんで、一個一個のポイントで丁寧にギリギリを通す事を意識してやってみました。

ワンド群を攻め終わってアタリは1回だけ、ブレードかラバー喰ってるっぽいんで多分小さいです。

足元のアシ際でヌーが遊んでました。遠くで見たら可愛いかなと思ってたんですが、近くで見たら結構リアルなんですね、、、ぼくは遠くで見るので十分です。

淀川に面してる消波ブロックゾーンの所に出てみたんですが、濁りが入っていたんでビッグOのチャート色を使って、対岸ギリギリに投げロッドを下ろしつつ巻いていきました。

回収しようとした時に消波ブロックの中からブワッって出てきたんですが、ロッド上げてルアーを引き抜こうとした時だったんで乗らず、ちょっとしてから通したんですが、出ること無かったです。足元まで油断しちゃだめですね、、、

先週と同じ攻め方で子バス2匹

毛馬クリークに入りました。

先週ワイルドハンチのキンクロで釣れていたんですが、足元で釣れているのかな?と思ったんで、川ギリギリまで降りれる所は降りてから川の際1mくらい離れた所を沿って巻いていきました。

ワイルドハンチがギリギリ動くくらいのスローリトリーブでやっていくと釣れました!25cmくらいですね小さいけど後ろのフックが3本とも刺さっていました、ペンチ出して1本が外れて口をつかもうとした時に暴れビビったタイミングで、、、オートリリース。

もうちょい歩いてから同じ方法でもう1匹追加、ガーッと巻いてしまって引きを楽しめなかった、サイズもサイズなのでね^^;w

 

よく喰ってきたなっていう感じしますよね。

毛馬クリーク超えて鯉釣り氏さんがいる手前まで、同じパターンで投げ続けていたんですが残念ながらその2匹だけ。

城北ワンド全体チェックしつつランガン

まだ城北ワンドで行ったことない場所があったんで、獣道があれば安全を確認しつつ入ってとりあえず投げていってみました。

が全然釣れる気配が無かったんですが、とりあえず城北ワンドの全体をチェックできましたし、どんな地形なのかざっくり理解できたので、今度から釣りの幅が広がっていいかなと思いました。

今回のまとめ

岸際をワイルドハンチのキンクロで狙えばとりあえずは釣れるかなという事はわかったんですが、プレッシャーがかかってなくてルアーであんま釣られた事が無い小バスが反応しただけなのかな?という印象でした。

それなので多分この釣り方は小バス専用の釣り方で、デカバスは他の場所に潜んでるんじゃないかと思います。

デコるんは嫌ですがガラリと攻め方を変えて、デカバスを狙っていくようにしたいなと思います。

今日は大勝軒のつけ麺で店員さんにお願いして、スープを濃い目にしてもらいました。結構汗かいたんで塩分補給は大切ですねw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう