日焼けのほてり・痛み対策に薬用ベラリスがおすすめな理由

日焼け対策をやっていたとしても、焼けてしまう時ってありますよね。

ぼくもこの前油断して日焼けしてしまい、シャワーがヒリヒリで使えない位で、しばらく後悔しちゃいましたw

強い日焼けは炎症が続くし、肌にも悪いので、早めにケアしていきましょう。

日焼けで痛み・ほてりがでる理由

日焼けによって、皮膚がやけどをおこしているので、軽い日焼けならほてりで、強い日焼けなら痛みが出てきます。

強い日焼けだと、ズボンが擦れる時も痛いし、37度程度のシャワーも痛いのでほぼ水です。

この日光による火傷の対策方法しっかりと調べていきました。

日焼けによるほてり・痛み対策

流水でしっかりと冷やす

水に付けているだけよりも、流水で日焼け場所をしっかりと冷やし、触っても熱を持たないくらいまで冷やしてあげます。

氷水を入れた袋を当ててもいいんですが、冷たくて長く当てられないですし、広範囲に日焼けしていると、全体的に冷やせません。

全身にシャワーを浴びるのもいいんですが、冷たく感じるので脚とか腕だけにしましょう。

薬用ベラリスで炎症を抑える

 

アロエベラは火傷した時に使われるほど、炎症を抑えてくれる効果がある植物で、そのアロエベラを99%配合されている「薬用ベラリス」が市販の中で一番日焼け対策におすすめです。

医薬部外品で日焼けに効果があると書かれているので、期待できますね!

 

実際にAmazonレビューをチェックしても、日焼け後のケアに最高!という評価が多い商品です。

冷蔵庫で冷やしておくと塗る時にヒンヤリ気持ちいいです。

片腕ならこれくらいで、塗ったらサラッと液体状になり、ジェルのようなベタベタ感は無く、塗った後さっぱりとして男性が好みそうです。

 

軽い日焼けならすぐに収まって、強い日焼けはヒリヒリ感が早く取れていく気がします。

早くケアしたいなら、2度塗りをしたり、寝る前と、朝起きてからとしっかりと塗るのがいいでしょう。

基本このベラリス1本で日焼け対策が可能です。

乳液も塗ってしっかり保湿したい人は、ベラリスと同じメーカーが作っている、「ザーネ スキンミルク」を塗るのもいいですね。これじゃなくてもクリームで保湿してあげれれば何でもOKかなと思います。

あとは数日継続するだけ

あとはもう肌の回復力と、アロエベラの効果に期待して、待つだけです。

ほんと塗ってる時と、塗ってない時の違いが大きくて、今後夏には必ず用意しておきたい商品です。

日焼け対策も忘れずにやっていきましょう

今回強く日焼けした場所があれば、次回からしっかりと日焼け対策をして、予防していきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう