夏の熱中症対策に冷凍出来る水筒「エバニューのウォーターキャリー」

真夏に釣りをする時に、熱くて熱中症になってしまってはたまりません。

いつもペットボトルを、コンビニで買って持って行ってたんですが、昼前にはぬるいお湯になってしまっていました。

自販機かコンビニまで行くのはちょっと面倒、そんな人はウォーターキャリーを使ってみるといいかもしれません。

水筒でなくウォーターキャリーを選んだ理由

ステンレスの水筒じゃなくて、分厚いプラスチックのようなウォーターキャリーを選んだのには理由があります。

そのまま冷凍が可能

ウォーターキャリーに水を入れて、そのまま冷凍庫に入れておけばOKなんです。面倒くささが無いのがいいですね。

身体も冷やしてくれる

リュックの背負う側に近い場所に入れておけば、身体を冷やしてくれるので、暑い時にはクールダウンに役立ちます。

まあその分氷が溶けるのも早くなっちゃいますが。

コンパクトにまとめられる

 

飲み終わったらキュッと丸めると、コンパクトにまとまります。

水筒は帰るまでずっしり重いんですが、ウォーターキャリーは飲んだら袋の重さだけなので、数十グラム程度でしょう。

エバニューのウォーターキャリーはこんな感じでコンパクトになります、オレンジのゴムも付いてるので、便利です。

 

横からみるとこの薄さ。

 

容量は1.5リットルを選びました

冷凍させるので少し膨張するのも考えて、ちょっと大きめサイズを選びました。

水なら1.5リットルですが、実際なら1.3リットルくらい入れて、冷凍させる為です。

あと、大きい方が氷も大きいので、冷たさがちょっとでも持続するからいいですね。

エバニューのウォーターキャリーを選んだ理由

ダイソー(100均)のウォーターキャリー

一応ダイソーのウォーターキャリーでもいいんですが、素材がちょっと薄いので、使ってる最中に折り目が破れる可能性が高いからです。

凍らせた時に、膨張した時に耐えられるかが微妙なのでパスしました。

モンベルのウォーターパック

ぼくはモンベル好きなんで、モンベルのウォーターパックにしようと思いました。

分厚いし、冷凍も可能なので、長く使えそうだなと思ったんですが、1.5リットルで2000円とちょい高かったんです。

デザイン的に良いので、オシャレも考える人はモンベルですね!

エバニューのウォーターキャリー

登山家の中で人気でレビューが多いのがエバニューのウォーターキャリーでした。

めっちゃシンプルで点滴の容器っぽいですが、Amazonレビューを見る限りでは、丈夫で冷凍も可能で、高評価を受けていました。

1.5リットルで価格が700円と、モンベルの3分の1というのもいいですね。

機能とコスパ重視ならエバニューのウォーターキャリーで決まりですね!

エバニューのウォーターキャリーを使う前に匂いを取る

他のウォーターキャリーでも一緒なんですが、最初使う時にプラスチックの匂いを取る必要があります。

ぼくは取らなくてもそこまで気にならなかったんで、サッと水洗い程度でやりました。

お湯で洗う

耐熱温度を調べて、大丈夫な温度のお湯を入れて、ウォーターキャリー内部の匂いを浮かせて取ります。火傷に注意です。

入れて10分位でOKです。

それで匂いが取れていなかったら、レモン水か重曹水を入れて、数時間放置です。

この2つを行えばプラスチックの匂いは取れます。

一回水を入れて数時間置いてみる

ウォーターキャリーを使うまでに時間があれば、一旦水を入れて数時間置いてみて、実際に飲んで見るとわかりやすいでしょう。

匂いがついているなら、再度洗って匂いを取りましょう。

水分補給・熱中症対策ならポカリなどがおすすめ

水分補給と熱中症対策を一緒にやるなら、ポカリなどのスポーツドリンクを入れるのがおすすめです。

粉タイプを溶かして入れるのが、手軽でコスパが良いのでおすすめです。

ぼくは1.5リットルボトル(実質1.3リットルくらい)に500ml用袋を2本入れて、ちょっと薄めで作っています。ここは好みで調節してください。

水でもいいんですが、真夏は汗などでビタミン・ミネラルが不足し、水だけの補給だと熱中症が悪化する場合があるので、汗っかきの人は特にスポーツドリンクがおすすめです。
定番のポカリスエットいいですね。(低カロリータイプもあります)
筋肉痛なるほど身体を動かすなら、クエン酸とBCAAが入っている方が、疲労回復効果が高いのでいいですね。

まとめ

真夏の釣りには欠かせないアイテムとなりました、冷たい水を昼過ぎも飲めるのは嬉しいですし、リュックの内側に入れてたらひんやり気持ちよくて快適です♪

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう