どうも!エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

今回は、フォロワーさんから頂いた貴重な海外の「POWER HORSE(パワーホース)」というエナジードリンクのレビューをしていきたいと思います。

馬といったら、何万馬力などと言われるようにパワーの数値で使われていますよね、そんな馬がパッケージに書かれいるエナジードリンクはどんなチカラを秘めているんでしょうか?

ちなみに一日最大3本までという注意書きが書かれていました。

POWER HORSE Regular

POWER HORSEの特徴

  • 酸味がちょっと強めで甘さ控えめの飲みやすいタイプ
  • 缶を返すとキャッシュバックしてくれる
  • 一日最大3本までというパワフルさ?
  • グルクロノラクトン配合※解説付き

スポンサーリンク

POWER HORSE(パワーホース)のレビュー・感想

POWER HORSE Regular注ぐ

ビールに似たパッケージのせいなのか、コップに注ぐ時に一瞬ビールっぽいなと思いました。
ちょっと茶色が強めな感じですね。

香りは王道のザ・エナジードリンクとうい感じの香りです。

レッドブルと比べると、
酸味がちょっと強く感じましたね。スッパイまでは行かないんですが、美味しい酸味という感じかな。
そして、甘さは控えめになっていて、
後味があっさりとしているような感じがします。

飲んでいる時には、エナジードリンク特有の香りはそんなにせず控えめに香ってくる感じがしました。

微炭酸で、酸味がちょっと強めで、甘さ控えめという飲みやすいエナジードリンクだなと思いました。

パッケージなど

POWER HORSE Regularプルタブ
プルタブが赤でおしゃれですね。
プルタブの周りには上はコトバでは無いようです、下には「ca cash refund(CAの現金払い戻し)」と書かれています。
CAってスチュワーデスさん? 何か問題があれば払い戻ししてくれるんでしょうか?

【追記】意味がわかりました!
これは、日本では「飲み終わった瓶をお店に返すと5円返してもらえる」所があるじゃないですか?その仕組みと同じで、
この缶を返す事によって、キャッシュバックを受けれますよという事でした。

どうやって回収するんだろう?と思ったのですが、環境への事を考えるとこういうシステムは大切ですよね。

POWER HORSE Regular馬

この黒い馬に、赤い差し色がカッコイイ。フェラーリをイメージしちゃいますね。
ちょっとぽってりとした缶なのですが、250mlと日本のレッドブルなど多くのエナジードリンクと同じくらいの用量が入っているようです。もっと少ないと思っていました。

上には「lightly carbonated(軽く炭酸)」と書かれています。

POWER HORSE Regularの解説
パワーホースの解説が書かれています、オーストリアで作られたようですね。

POWER HORSE Regular注意書き
ここに注意書きのようなモノが書かれています
一日3本までってカフェイン量が多いのかなと公式サイトで調べてみるとカフェインより、タウリンの方が多く配合されていました

・冷たい専用
・一日に最大3缶まで
・大人のためだけに使用をお勧めします
・カフェインに敏感の人にはお勧めしません

成分(カフェイン量やカロリーなど)

POWER HORSE Regular成分

タウリンが1000mg配合されています。栄養ドリンク的な要素もあるんですね。

一つ気になった成分がありました「グルクロノラクトン」です。
これが何なのか調べてみると、栄養ドリンクの「グロンサン
」に入っている成分なんですね。

【グルクロノラクトンとは?】
植物の中だけでなく、動物の間で両方の天然に存在します。それは、炭水化物代謝の産物です。動物生理学では、ほぼすべての線維性結合組織の重要な構造要素です。グルクロノラクトンはまた、身体や環境によって産生される物質の中和を補助することにより、体内の解毒に必須の機能を実行します。

一缶あたりのカフェイン量は80㎎、カロリー量は120kcal

タウリン400 mg
グルクロノラクトン200 mg
カフェイン32 mg
スクロース8.6グラム
グルコース2.1グラム
イノシトール20 mg
ビタミンB120.002ミリグラム
ビタミンB62.0 mg
カルシウム、パントテン酸2.0 mgの
ナイアシン8.0 mg

原材料名

POWER HORSE Regularの原材料名

詳細など

  • 名前:POWER HORSE
  • 価格(一本あたり):?ドル(税込み)
  • 容量:250ml
  • 販売会社:PH USA Inc.
  • 公式サイト:POWER HORSE