どうも、エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

今回はレッドブルのシュガーフリーのレビューです。

th_3レッドブルシュガーフリー

このレッドブルシュガーフリーは、
普通のレッドブルの美味しさを残したまま、
シュガーフリー、ゼロカロリーを実現されました。

パッケージは、
通常のレッドブルの青色がちょっと薄くなって、
水色になり可愛くなっていますね。

デザインはこっちの方もいいですね〜
優しい感じを出していますね。
でも、エナジー成分は変わらずに翼はしっかり授けてくれますよー!

エナジードリンクのはじまりのレッドブルの、
シュガーフリーはどんな味なのか!?気になりますね。

スポンサードリンク

レッドブルシュガーフリーレビュー

レッドブルシュガーフリーレビュー

プルタブを開けて出てくる、
駄菓子屋にあるようなお菓子を思い出させてくれるよう
ななつかしい香りは普通のレッドブルよりちょっと薄いです。

味は、
レッドブルの独特な味は残しつつ
シュガーフリーであっさりした感じがあります。

このあっさりというのはコーラとゼロコーラのような違いで、
人口甘味料を使われているので、
甘さ自体があっさりした甘さという事です。

あっさりといっても、
コーラではゼロカロリーは飲みたくないって思っちゃうんですが、
レッドブルは全然こっちも美味しいと思いました。

甘さがすぐ無くなる感じで、
飲んだ後サッパリとしている感じもあります。

でも、普通のレッドブルの味が好きって方が飲んだら、
味が薄いなって思われる方がいると思います。

実際には甘さの違いなのですが、
全体的に薄いように思っちゃうかもです。

レッドブルを風味が強くて苦手だ!
って方もシュガーフリーでしたら飲めるかもですよ。

僕はどっちかというと、
砂糖もカロリーもあっていいので普通のレッドブルを飲もうと思っちゃいますね!
やっぱりそっちがいい!!w
といいつつ、カロリーが気になるときはコレを飲んでいますよー

そうなので、
カロリーなどを気にされている方はお試しで一本飲んでみてください。
美味しく飲めるようでしたら切り替えてカロリーコントロールしていきましょう。

成分についてワンポイント

185mlと250mlでは100mlあたりのカフェイン量が違います。
ひと缶では80mgのカフェインとなるように作られています。

詳しくはこちら
レッドブルエナジードリンクまとめ

カフェインやカロリーなど

レッドブルシュガーフリーのカフェイン量とカロリー量
100mlあたり エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 80mg
カフェイン 32mg/42.5mg
アルギニン 120mg

原材料・成分一覧

レッドブルシュガーフリーの原材料名
酸味料、L-アルギニン、カフェイン、
甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、
イノシトール、ナイアシン、パンテトン酸Ca、
V.B6、V.B12、香料、増粘剤(キサンタンガム)、
着色料(カラメル)

販売場所

コンビニやスーパーなど色々な所で購入する事が出来ます。

通常定価での販売なのですが、
Amazonや楽天市場で購入すると、
結構安く買う事が出来るのでおすすめです!
【最安値】レッドブルエナジードリンク通販で安く買う方法を比較

商品詳細情報

価格 285円/205円(税込)
容量 250ml/185ml
販売開始日 2005年
販売会社 レッドブルジャパン
公式サイト レッドブル・オフィシャル・ウェブサイト