あの日本でも大人気のモンスターエナジーの新商品の「モンスターエナジーM3(エムスリー)」が登場するという事で、
事前に飲んでみたいなと思いまして作ってみました。

モンスターエナジーM3は、
普通のモンスターエナジーの成分をギュッと濃縮してあるようなので、
普通のモンスターエナジー(355ml)を煮詰めて150mlにしてみたら似たような味になるんじゃないかな?と思いました。

レビューはこちら
モンスターエナジーM3 | エナジードリンク評論家
モンスターエナジーM3

スポンサーリンク

モンスターエナジーM3(エムスリー)を作る

動画はこちら

まずはモンスターエナジーと、お鍋を準備します。
あと瓶!
こんなシンプルにモンスターM3が作れちゃうんです!!

しかも、今回はなんと!!!
マキシマムザホルモンのモンスターエナジーを使用します!!
何で気付かず開けちゃったんだろう、、、(汗
モンスターエナジーM3

鍋にドバーっとモンスターエナジーを注ぎます。
フワ~っとモンスターエナジーの香りが広がります。
モンスターエナジーM3

HIのスイッチオン!
これから約3分の1位の量になるまで煮詰めていきたいと思います。
モンスターエナジーM3

5分経過。
グツグツと煮立って来ています。
モンスターエナジーM3

そして部屋中が、
嗅いだことの無いような香りにつつまれてきました、
モンスターっぽいっちゃぽいんですが、違うような気がします。

家の換気扇3つをフル稼働させて外へ悪臭を放出しだしました!
近隣の方ゴメンナサイ!
モンスターエナジーM3

だいたい20分位経ち、
この間は悪臭との戦いで、何度か(|| ×m×)オ、オェ・・ と、
なりつつもどうにか、150ml位まで煮詰める事に成功しました!!!

ちょっとトロミが付いているような感じで、
色はかなり濃くなったような気がします。
モンスターエナジーM3

ちょっと冷ましてから。

モンスターM3っぽい瓶を見つけたので、
中身を開けてその瓶に注ぎます。

色が、色がキチャナイ。濃すぎますね、、
モンスターエナジーM3

注ぎ終わったら、冷凍庫で冷やします。
モンスターエナジーM3

冷凍庫で1時間ほどで冷やし終わりました!
355mlから100mlチョイになりました☆
モンスターエナジーM3

この瓶のままじゃなんだか物足りないので、
ジャジャーン!!

手書きラベルを作っちゃいました!
このモンスターエナジーのロゴよく出来たと思っているんですが、どうです?
モンスターエナジーM3

モンスターエナジーM3を飲んでみます!

本物のモンスターエナジーM3
「爽快な刺激と味わい」があるそうですが、
福田のモンスターM3はどうなんでしょうか?
モンスターエナジーM3

匂いは、、、
ホットケーキの様な香りがどことなくしてきました。
さっき煮詰めている時の悪臭で、鼻がおかしくなっちゃったんかな??

何度か嗅いでもホットケーキですw
モンスターエナジーM3

さて、
ゴクリ、、、、、

ん?、、、、、
モンスターエナジーM3

ウワーーー!!!!!!

カーーーっ!!!!

口の奥がギューッとなって、
ツバがものすごい勢いで出てきました、
拒絶反応をしています!!

口の中を悪のモンスターに支配された感じです。
(この例え上手いっすか?)
モンスターエナジーM3

作った事をちょっと後悔している顔もバッチリ映っていました。
モンスターエナジーM3

自作モンスターM3のまとめ

全然美味しくありません。
栄養ドリンクと言われたら、効くんだろうなっていう味で、
栄養ドリンク飲むんだったら王道のリポビタンD飲むよって味です。

全然、爽快な刺激も、味わいもなかったですよ!!!
別の意味での刺激が強かったです。

もし、発売前にモンスターM3を飲みたかったらやってみてください。

本物のモンスターエナジーエナジーM3はもっと美味しいはずなので、
安易な考えで煮詰めれば同じものが出来るという発想は持たずに、
発売を気長に待つほうが良いと思えました。

もう、絶対やりません。
寝る時にも悪臭が消えずに若干残ってて大変でした、、、
モンスターエナジーM3