どうも、エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

今回は海外版アメリカのモンスターカオスを
入手しましたのでレビューさせていただきます。

アメリカ版のモンスターカオスのパッケージ

日本のモンスターカオスは、
この海外版を日本向に成分を少し変更してから輸入されているようですね。

それなのでそんなに大きくは味の変化は無いようです。
わざわざ海外カオスを買うよりも
他のモンスターエナジーを購入した方がいいかなってもちょっと思いましたw

エナジー成分とジュースを半々で合わせて
美味しく作られたモンスターカオスで、
日本でもファンが多い一品です。

エナジードリンクという風味は控えめで飲みやすくて美味しいです。
果汁ジュースが半分も入っていますので、
清涼飲料水ではなくて果汁飲料という表記になっています。

日本のよりも一回り大きくて、
ボテっとしているパッケージとなっています。
16オンスで473ml入っているので日本のよりも118ml多いです。

スポンサードリンク

レビュー

アメリカ版のモンスターカオスのレビュー

プルタブを開けると、
ジュースの香りがフワ~っと出てきます。美味しそうですね。

味は、
オレンジジュースを最初に感じて、
後からコッソリとモンスターが顔を出してくる感じ
です。

モンスターはそんなに主張してこないので、
モンスターの方がフレーバーという感じの印象です。

エナジードリンク特有のケミカル感が控えめで、
ほぼオレンジジュースなので初心者の方にはピッタリですね。

日本版モンスターオレンジより、
少しオレンジの風味とモンスターを強く感じました。
オレンジ感はジュースの配合などが日本と違っているのかな?

あと、モンスターを強く感じたのは、
日本版との大きい違いであるタウリンの有無も関係するかもしれません。

後味が濃い気がします、
そしてちょっとエナジーっぽさが駄菓子屋の10円粉ジュースの味っぽいです。

やっぱり日本版が日本人の口に合うように作られているんだなと思いました。

この時は実際に日本版と海外版と同時に飲み比べしていたので、
確かに違いを感じましたね。

成分についてワンポイント

成分にはタウリンが配合されていますので、
本場のエナジーを感じる事になるでしょう。

タウリンがなんと2000mgも配合されていました、
日本で売っているリポビタンDが1000mg配合されているので、
リポDの倍のタウリンが入っています。

これは中々のパワーを感じそう。
味でもエナジーを感じていたんですが、
数字で見るとさらに効いている感じが増しますね。

カフェインやカロリーなど

アメリカ版のモンスターカオスのカフェイン量とカロリー量

原材料・成分一覧

日本語でラベルが貼ってあったので助かりました。
剥がしてパッケージを見ようとしたのですが、
テープでベトベトでさすがに
写真に撮れるような姿じゃなかったので写真は諦めました汗

アメリカ版のモンスターカオスの原材料

炭酸水、
フルーツジュース(リンゴ、オレンジ、桃、タンジェリン、パイナップル、グレープ)
タウリン、天然香料、クエン酸、朝鮮人参根エキス、
カフェイン、ソルビン酸カリウム、ブドウ皮エキス、
安息香酸Na、スクラロース、ベータカロチン(カラー)、
ナイアシンアミド、ガラナ種子エキス、L-カルニチン、
イノシトール、グルクロノラクトン、アセスルファムカリウム、
塩酸ピリドキシン、リボフラビン、マルトデキストリン、
シアノコバラミン

販売場所

たまたまAmazonで一本で販売されていまして、
500円位で普通に購入するよりちょっと高いんですけど、
海外製品を500円で購入出来るという事を考えると激安ですね。

以前、
横須賀米軍基地の開放イベントの時に
海外製のエナジードリンクを大量に購入しに行ったのですが、
旅費やなんやかんやの経費を含めたら一本あたりの価格がエライコッチャになりましたし、
エナジードリンクが重いから移動が大変だし、
夏だし暑すぎるし、キャリーバッグ壊れるしで大変でした。

そんな大変な思いをせずに
今回はポチッとボタンをおしたら数日後に自宅へ、
クロネコヤマトさんが持ってきてくれました。
なんて便利な世の中!!!そんな便利でありがたい世の中に感謝ですね。

購入方法はこちらを参考にしてみてください。
海外のエナジードリンク(モンスター・レッドブル)の7つの購入方法

商品詳細情報

Amazonでの価格 500円(税込)
容量 473ml
販売会社 モンスターエナジー社(アメリカ)
公式サイト HOME | Monster Energy