どうも!調理師免許を持っているエナジードリンク評論家の福田慎一郎です。
全然使っていない調理師免許をどこかでやくに立てたいなとなーと思っていた所に思いつきました!

エナジードリンクと料理でコラボして美味しいものを作れるんじゃないかと、そこで考えついたのがライジンエナジードリンクです。
ライジンは、辛口タイプのエナジードリンクでショウガを使ってあります

そう、ショウガです!
ショウガの料理と言ったらアレでしょう!

そう!豚の生姜焼きです。定番のおかずですよね。

はい!
今回は生姜のライジンエナジードリンクを使って豚の生姜焼きを作ってみました!

ライジンエナジードリンクのレビューはこちら

スポンサーリンク

RAIZINで生姜焼き

準備する材料です。

  • ライジンエナジードリンク1本
  • 生姜焼き用の豚肉
  • キッコーマンのしょうゆ(どの醤油でも可)

これ以外に、フライパンとお箸などがあればバッチリですね!

【ポイント】
ライジンと豚を常温にしておくといいですよー
常温のライジンでお肉に馴染みやすくなりますし、お肉は常温の方が均一に仲間でちゃんと焼きやすいのですよー!

まずは豚肉にライジンをどばどばーとかけます。
全体に行き渡るようにしっかりとかけます。

これでおそらく安い豚肉だったとしても、生姜パワーでお肉の臭みが取れる事でしょう。

そしてしょうゆをライジンよりちょっと多めにかけます。
ライジンが多いと塩味が無くて美味しく無いのです。

ライジンとしょうゆを混ぜてから、お肉全体に行き渡るように混ぜてラップなどをかけて20分程味を染み込ませていきます。

20分経つとこんな感じで豚肉にほんのり色が付きました。
バッチリライジンのエナジー成分が染みこんでいっていますね!!

油を薄くひいたフライパンを用意しまして火をつけます。
そしてフライパンの表面からかるーーーく煙が出てきたら、お肉を入れます。

すると、ジュージューという焼ける音と、生姜としょうゆが合わさった美味しい香りがしてきました!
これはガチで期待できそうだ!!

全体的に火が通りましたら、
作って余っていた秘伝のタレを入れてから、火を強めてからお肉にタレを絡めていきます。

どんどんと美味しい香りがしてきますよー!

エナジー生姜焼きの感想

一口食べた感想は「めっちゃ普通!」
そうなんです、普通に食べられちゃっているんです!

エナジードリンクの風味は熱で飛んじゃっているようで、しょうゆの味とほのかに甘くエナジードリンクが残っていて、あまからな味付けとなっていて、ごはんが進みます!

でも、生姜の風味までもが飛びすぎちゃってて、
醤油とほんのり砂糖で焼いた豚肉って感じになっちゃっているんです汗

ライジンの分量が少なかったのか、熱で風味が飛びすぎたのか、もうちょっと生姜っぽさが欲しかったですね〜

次回は、ライジンの分量を増やすか、生姜をちょい足しすると普通に美味しい生姜焼きになると思うんですけどねー

あと、豚肉がいつもより柔らかくなっている気がするのですが、これはライジンの何かの成分が豚肉に働きかけてお肉を柔らかくするというミラクルが起きたんでしょうかね!?
これは予想外の嬉しい結果ですね。

肉料理にはライジンが新しい料理法になっちゃったりしたら面白いですねー

これは生姜の成分ももちろんなのですが、それ以外のエナジー成分もおおく配合されていますので、家族みんなで元気になれちゃう料理ですよ!?w