よくTwitterなどで
「エナジードリンクはコーヒーの〇倍のカフェインが入っているので危険」とかいうツイートがありますよね?

え?ないですか?w
「エナジードリンク」で検索かけているから気づくのかもしれませんが、
間違ってるな〜と思って見ています。
実際コーヒーのカフェイン量は書かれている事が少ないのでそれでも仕方ない事なんだと思います、
でも、コーヒーの○倍もカフェインが入っているからという理由でエナジードリンクを飲まなくなっている方がいたら嫌だな〜と思いましてこの記事を書かせていただきます。

スポンサーリンク

カフェイン含有量 コーヒーやお茶など

以下は100mlあたりのカフェイン含有量です。

淹れ方によって変わりますが、だいたいこの位カフェインが入っています。

■エスプレッソ 193mg
■玉露 150mg

■挽き豆コーヒー 67mg
■紅茶 50mg
■インスタントコーヒー 43mg

■カプチーノ 33mg
■ホットココア 33mg
■煎茶 30mg

■ほうじ茶 20mg
■ウーロン茶 20mg
■番茶 10mg
■コーラ 10mg
■玄米茶 10mg

エナジードリンクのカフェイン含有量

ワンダパワーブレンドコーヒーは、エナジードリンクなのか微妙なのですが、
67mgカフェイン配合のエクスプロージョンが日本で買えるエナジードリンクでの最高のカフェインが入っています。

有名なレッドブルで32mg、モンスターで40mgと、
コーヒーとそんなに変わりません。むしろ低いのです。

ワンダ パワーブレンドコーヒー 94mg
※こちらはコーヒーにエナジードリンク成分を入れており高いカフェイン量となっております、コーヒーコーナーに置かれていますし、エナジードリンクでは無いのかもしれません。

エスクプロージョン(X-PLOSION) 67mg
※こちらがエナジードリンクとしては最高のカフェイン量です。

マッドクロック(MAD-CROC) 50mg

モンスターエナジー(MonsterEnergy) シリーズ 40mg

レッドブル(RedBull) 32mg
※缶のサイズによりカフェイン量が違います。
レッドブルの大きい缶と小さい缶では100mlあたりのカフェイン量が違う理由をレッドブルに直接聞いてみた!

他のエナジードリンクのカフェイン含有量はコチラでどうぞ。
【保存版】日本で販売されているのエナジードリンクのカフェイン量