東海大学で開発・販売されているエナジードリンクの「東海大エナジー」の開発者さんの記事が、東海大学新聞の2013年12月1日号に載っていましたので引用させていただきます。

東海大学の学生さんが、開発から研究された商品なんですね。

東海大エナジーとは、

ちょっと懐かしさを感じるナチュラルなエナジードリンクでした!くわしくはこちら。
東海大学限定のレアエナジードリンク「東海大エナジー」

スポンサーリンク

東海大エナジーの記事

 総合経営学部生が開発したドリンク「東海大エナジー」が、11月1日から3日まで熊本校舎で開かれた「東熊祭」で販売された。
 企画したのは、2年生の伊藤彗さん、三反田桃子さん、永田莞也さん。「大学で学んだ知識を実社会で生かしたい」と今年4月に発案。同校舎の九州研究支援課から協力を受け、木之内均経営学部客員教授が会長を務め、農学部と加工品などを製造している(有)木之内農園(南阿蘇村)と連携して、商品開発に取り組んで来た。
 「あるエナジードリンクがなぜ世界でヒットしたのかという講義を受けたこともあり、学生にも人気の高い商品を考えました」と三反田さん。農園から紹介を受けた佐賀県の飲料メーカー(株)友桝飲料に製造を依頼する一方で、価格設定を学び、販売場所の確保など戦略を練ってきた。
 アントシアニンの赤色が印象的な「東海大エナジー」は、東熊祭のほか、南阿蘇村の祭りなどで1本250円で販売。熊本、阿蘇両校舎のコンビニでも販売中だ。
 伊東さんは、「活動を通じて経営や経済の面白さを実感した。今後も商品開発や販売に取り組みたい」と意気込んでいる。
東海大学新聞2013年12月1日号より

SS 2014 01 16 23 29 34
熊本キャンパス案内 東海大学

SS 2014 01 16 23 27 16
観光農園 阿蘇いちご畑 -木之内農園-

SS 2014 01 16 23 28 25
友桝飲料 オンラインショップ/TOPページ