エナジードリンクを海外から個人輸入して飲もうとする時に事前に知っておく事で損しない方法をまとめておきたいと思います。

特に個人輸入の初心者の人は、海外は全部英語で書いてありますし自分が解る範囲の英語だけを見て注文したりしていると気づいたら存してしまうという事になりかねません。そうならない為にこれらをチェックしてから購入するようにしてくださいね。

Mailwoman 1124342 640

ぼくも英語だらけだしGoogle翻訳でサイト自体を日本語にして注文しようとしていたんですが微妙なニュアンスがわかっていなくてかなり損する所でした。注文ボタンを押す前に気づけたのでよかったんですが8000円くらい損する所だったんです。アメリカサイズのエナジードリンク1ケース余裕で買える値段ですよね、あぶねーw

スポンサーリンク

梱包が雑で商品が傷つく

これは損というより気持ち的に凹んでしまうかなと思う事です。梱包が雑な事によって商品が傷つく事があります。

Amazonから直接購入した商品は大丈夫でしょう、そしてケース購入時もそんな梱包が雑でもダメージは低いでしょう。

しかし、個人商店やeBay(個人)からの配送は気をつけたい所です、ツイッターとかでもネタになる事があるんですが「箱に入れたらいいんだろう?」「届けばいいんだろう?」位に考えている人がいます、日本人は几帳面なのでキチっと梱包するのですが、その感覚で注文するとかなり凹む事になりかねません。

スポンサーリンク

アメリカ国内での送料

アメリカっていうのはかなり大きいので国内でも日本みたいなトラックを使った宅配便じゃなくて飛行機を使う場合があります、エナジードリンクは重い商品なので飛行機で運ぶ時には他の商品と比べて送料が高くなります。

購入したいショップから、転送業者の倉庫まで距離があればあるほど値段が上がる事でしょう。販売されているショップから倉庫までの距離を調べるのは結構面倒なので一度買い物カゴに入れて購入ボタンを押して支払い前の画面で確認する方が簡単なのかなと思いました。

その画面まで進むとitem(購入商品)の下に、shipping&handlingという項目がありここが送料と手数料の金額です。

今回はAmazonで送料無料になったという事と、Amazonに出品している送料無料の業者を使ったから送料は差し引きゼロ円担っています。
スクリーンショット 2016 09 10 21 09 36

いちいち買い物に入れてから調べるのが面倒だなと思う人は、Amazonの商品ならほどんどが送料無料なのでAmazonが配送してくれる商品から選ぶといいでしょう。

支払いは円と$どっちがいい?

アメリカのAmazonでの購入時には円で購入するのか$で購入するのか選ぶ事が出来ます。1万円ちょっとの購入時には500円前後の節約になりました。

単純に数字だけで見ると$での購入が安く見えるのですが$で購入した後にクレジットカード会社等で変換してくれるのでその時に若干の手数料がかかります。

Amazonの日本円での表記はこの手数料を込みでの価格で表示されているので、ちょっと高くなっているんです。

では「$で購入して手数料を自分で払う」のと「Amazonに手数料ごと払う」のではどっちがお得になるのでしょうか?

このぼくが購入しようとした日での、手数料だけで考えるとAmazonの手数料が約4%(1万円なら400円)、VISAカードは約1.5%(1万円なら150円)なので基本的には$で購入して手数料を払う方が安いと言えるでしょう。

※これは為替と手数料の変動で変わる事があります。

画像下の赤枠の下の方は1USD(ユーエスドル)が約107.4円で変換して、JPY(日本円)として価格表記していますよ。って事です。

画像上の赤枠は、今はUSDで支払うとなっているのですが、日本円で払う時はここを変更して「JPY」にしてください。

スクリーンショット 2016 09 03 13 27 40

量や金額が大きいと関税を支払う事になる

個人輸入の範囲内なら、日本に上陸してからの関税と日本での消費税がかかる事がありませんが、個人輸入と偽って転売などをしている人などもいます。そんな人を見逃さない為に「量が多かったり」「金額が大きい」と関税がかかる事があります。

化粧品や歯磨き粉などでは「1ヶ月に1個まで」というルールが決っているのでわかりやすいんですが、エナジードリンク等はルールが決まっていませんので関税時にチェックした担当さんによって変わってしまう事でしょう。一回一回の量は少なくても同じ住所に何度も送っている時もチェック対象となる場合があるようです。

個人輸入の範囲内では約16000円以下は関税が発生しないと思ってもらっていて大丈夫でしょう。例外では量がものすごく多かったりした場合にはチェックされて発生する場合などあり、実際に輸入してみないとわからないというのが正直な所のようです。

ちゃんとしたショップに直接送ってもらう場合や、転送業者を利用している場合には大丈夫なのですが、個人で購入した時にこの合計金額を偽って記入して関税を逃れようとする人がいるんですがそれはダメですよ。

業者には「転送だけ」任せる

ショップから直接日本に送ってくれる所ならそのまま購入すればいいのですが、日本へ配送していない業者もあります。そんな時には転送業者という「アメリカでしか購入出来ない商品を日本に送ってくれる業者」があります。

この業者とは「注文から配送まで全部」と「転送のみ」と2種類あって、全部任せてしまうと楽ちんなんですが料金が高くなってしまいます、それなので自分で注文して業者の倉庫へ送るまでを頑張る事で節約になります。

一回目はほんど面倒だなーと思うかもしれないんですが、慣れてしまうと楽々作業出来るようになるので最初は練習と思って頑張っていきましょう、最初はアメリカのAmazonを利用するようにすれば日本のAmazonとほぼ同じなのでやりやすいですよ。

あと、面倒な事は一切やりたくない!全部任せたい!って人におすすめのサービスもこちらで紹介しています。

アメリカから個人輸入をする時におすすめの転送業者