今回はエナジードリンクの中でも砂糖が入っていない「ノンシュガータイプ」でのおすすめランキングです。

ノンシュガータイプは「砂糖」の替りに「人工甘味料」を使ってあるので、砂糖が入っていなくてもちゃんと甘さもありつつ、カロリーがゼロという嬉しいものなんです。

D6e19758ebb7342ab7bb1680270fae32 s

人工甘味料と聞くと「不味い」「健康に悪い」というイメージがあるという人もいると思うのですが、昔はそうだったのかもしれないのですが、最近では美味しくなってきていますし、安全性は厚生労働省という食品成分の安全性をチェックする所が許可しているので安全と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ノンシュガーエナジードリンクランキング

【No1】モンスターウルトラ

エナジードリンク特有の科学的な味ではなく、どちらかと言うと「スポーツドリンク」のような味です。その為今までエナジードリンクを飲んで「エナジードリンクの味が苦手だな」と思っている人にもおすすめしたいです。

モンスターウルトラを飲むと、スポーツドリンクっぽさの中に心地良いに甘さと、さっぱり&スッキリさを持っています、ノンシュガーなのに満足度が高いエナジードリンクです。

【No2】モンスターアブソリュートリーゼロ

こちらもモンスターエナジーからアブソリュートリーゼロです。

最初に飲んだ時は「コレって本当にノンシュガー?」って思ったほど美味しいなと思いましたね。

モンスターアブソリュートリーゼロは、エナジードリンク特有の科学的な風味が控えめですがあります、それなので普通のモンスターエナジーが好きな人が飲んでも満足出来る事でしょう。

「ノンシュガータイプ」になると味の大切な所を失ったような味になってしまうドリンクが多いのですが、これは違います。美味しさを保ったままノンシュガーにしたような味なんです。

人工甘味料を使ってあるので普通のモンスターと比べるとあっさりしているのですが、十分美味しいです。

【No3】レッドブルシュガーフリー

エナジードリンクの中でも有名なレッドブルのシュガーフリータイプです。

レッドブルがこの順位なのには理由がありまして、普通のレッドブルが美味しすぎるのです!それがベスト過ぎるのでノンシュガータイプが物足りなくなってしまうんです。

あとは「人工甘味料の甘さ」がちょっと強く感じるのが残念です。

【NO4】ブラックアウトゼロ

ドン・キホーテとDDTプロレスリングのコラボエナジードリンクの「ブラックアウト」のゼロカロリータイプです。

味は科学的なエナジードリンクの風味と、人工甘味料の甘さがちょっと強いので好みが分かれそうな感じです。

あと、購入が公式サイトでのケース買いと、ドン・キホーテ店頭のみなのが惜しいです。購入しやすさというのも大切ですからね。

スポンサーリンク

ノンシュガーが不味いのは過去の話

昔のノンシュガータイプのドリンクは、エナジードリンクに限らずどんなドリンクも美味しくなかったのでダイエット中の人くらいしか飲んでいないんじゃないかな?と思うくらいの味でした。

でも、最近では人工甘味料の発達や組み合により、普通の砂糖ありタイプの味の美味しさに近づいています。

「甘さ」の違い

  • 砂糖⇒甘さが口に広がりグッと来る、多いとしつこくなる
  • 人工甘味料⇒スッキリとした甘さ、後味が残らずさっぱり

3c7b75ca57878f3e3cd511c62ae11c37 s

簡単にいうと砂糖と人工甘味料の元々の甘さが違うので、砂糖ありとノンシュガーを全く同じ甘さや味にする事は出来ないのですがノンシュガーではノンシュガーなりの美味しさを追求していく事となるでしょう。

コカコーラゼロがウマい理由

2015年6月にコカコーラゼロがリニューアルされた時に、コカコーラとコカコーラゼロでの目隠しで美味しい方を選ぶ「利きコーク」というキャンペーンでは、8割近くの人がゼロの方が美味しいというデータが出ていたようです。このテスト結果からわかるように、ノンシュガーと言われなければ気づかないレベルにまで美味しくなっているという事が言えるでしょう。

ぼくは違いがわかりましたけどねw

まだ飲んだ事が無い人は、この多くの人が普通のコーラより美味しいと言ったコカコーラゼロも、エナジードリンクじゃないですが是非飲んでみてください。

まとめ

最近ぼくがモンスターエナジーを買う時は、ダイエットをしていない時にでもノンシュガーの「ウルトラ」か「アブソリュートリーゼロ」をその時の気分で飲んでいます。普通のモンスターエナジーは飲む回数が減りましたね。それだけノンシュガーが美味しくなっているんです。

これから「ノンシュガーのエナジードリンクって美味しいんだね」って思う人が増えて売上が伸びる事で、メーカー側も「もっと美味しく作ろう」とか「ノンシュガーの別フレーバーを出そう」と思ってくれる事でしょう。

それなのでノンシュガーエナジードリンクが好きな人はシェアしてもらえると嬉しいです。