どうも!エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

黄色のトロピカルなレッドブルサマーエディションが一足早く到着しました。
今氷で冷やしているので、その間にカフェインやカロリーなどの成分の比較をしてみたいなと思います。

レッドブルVSレッドブルサマーエディション!!

サマーエディションのレビューはこちらです。
レッドブルエナジードリンクサマーエディション トロピカルフルーツのレビュー

DSC02933

スポンサーリンク

レッドブルVSレッドブルサマーエディション

このサマーエディションは期間限定の、夏にピッタリなトロピカルなレッドブルです。
普通のレッドブルとサマーエディションとの成分的な違いはどんな所なんでしょうか?

左側がレッドブルの成分で右側がトロピカルの成分です、カッコの中が多いのか少ないのかです。
両方とも185ml缶での比較です。

レッドブルの成分量 トロピカルの成分量(多い少ない)

エネルギー
46kcal 47kcal(+1kcal)

炭水化物
10.7g 11g(+0.3g)

ナトリウム
80mg 40mg(-40mg)

以下は両方同量でした。
たんぱく質 0g
脂質 0g
ナイアシン 3mg
パントテン酸 2mg
ビタミンB6 2mg
ビタミンB2 0.09mg
ビタミンB12 2μg(マイクログラム)

アルギニン 120mg
カフェイン 43.2mg

Red Bull Energy Drink SUMMER EDITIONの成分の違い

成分的にはそんなに変化が無いようです。
エネルギーと炭水化物は誤差程度です。

一番大きい違いはナトリウムの40mg差ですね。

成分的にはそんなに変わりませんが、
味がぜんぜん違います。

今までのレッドブルはケミカルな「エナジードリンク」というような味ですが、
このRed Bull Energy Drink SUMMER EDITIONは、トロピカルで美味しく飲みやすい味です。

詳しくはまたレビューを書きますのでそちらでどうぞ。