エナジードリンク評論家の福田です。

先ほどニュースで「福岡の20代男性がカフェイン入り栄養ドリンクなどのみカフェイン中毒で亡くなられた」というものがありました。悲しい事件です。そして今後そんな事が起きてほしくないので記事にしたいと思います。

この4つで書いていきます。

  • 中毒になるカフェイン量
  • 何が原因なのか?
  • 栄養ドリンクやエナジードリンクは危険なのか?
  • 今後安全に飲むにはどうしたらいいのか?

スポンサーリンク

カフェイン中毒というのはどれくらい飲むとなるのでしょうか?

一般的な成人では、1時間以内に 6.5 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合は約半数が、3時間以内に 17 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合はすべての場合に急性症状を発症する。

200 mg/kg 以上摂取した場合は最悪、死に至る可能性がある。

例えば、ぼくの場合ですと、

体重が65kgありますので、
危ないのは200mg×65kg=13000mgとなります。

そして急性症状が出るのは、1時間に422mg以上の摂取で半数で発症します。

エナジードリンク1本のカフェイン量は有名なレッドブルで80mg、モンスターエナジーで142mgとなっています。それなので1時間に数本飲む事でこの数値に達します。しかし達する量をエナジードリンクで飲むには無理矢理流しこむなどの方法が必要です。普通に飲んでいる分にはこの量を飲むのはかなり厳しいのです。

栄養ドリンクはカフェイン量が少ないものが多く平均的に50mgが1本に入っています。

このエナジードリンクと栄養ドリンクのカフェインは多いのでしょうか?
いえ、コーヒー杯にもカフェインは80mg配合されており、お茶、紅茶、コーラなどにも含まれています。

詳しくはこちら
エナジードリンクのカフェイン量が多いと言われていますがコーヒーより低いんです

コーヒーやお茶にもカフェインが配合されているのですが、パッケージにはカフェイン量の表記はされていません。これはお茶やカフェインにはカフェインが配合されていると多く認知されているからです。その為表記しなくても大丈夫なのです。缶コーヒーの中には150mg近くカフェインが配合されているものもあり、エナジードリンクや栄養ドリンクだけが特別危ないという訳では無いのです。

何が原因なのか?

では今回の事件はどうして起きたのでしょうか?
詳しくは厚生労働省が調査されると思います、そこで具体的な事は出てくると思います。

ニュースのタイトルでは「カフェイン入栄養ドリンクを飲んで、、、」とありました、そしてニュース中の解説では「栄養ドリンクやカフェイン錠剤を飲んでいた」そうなのです。

このカフェイン錠剤というものは、色々とあるのですが。1回に推奨されている量飲むだけで200mgのカフェインを摂取する事が出来ます。サプリメントタイプでも販売されていて、手軽にカフェインを摂取する事が出来るのです。

ドリンクタイプではなくカフェインを手軽に摂取出来るので、一度に数回分飲んだりすると急性症状が出る量を超えます

今回の事件では、栄養ドリンクとカフェイン錠を日常的に飲まれていたようです。
栄養ドリンクで50mg。カフェイン錠で200mgと一回ずつだと250mgの摂取となります。
この量では、スグに飲めてしまい再度飲む事も可能です、そうしたら500mgとなり急性症状が出てくると思います。

栄養ドリンクとエナジードリンクは危険なのか?

それなのでカフェインの錠剤を飲む時にはこの急性症状が出るカフェイン量をして飲むようにする必要があります。今までにこのような症状が起きていなかった為にあまり知られていなかったと思うのですが、1回で200mgの摂取は大人では大丈夫かもしれないのですが、お子さんや妊婦さん、小柄な方だと多くなります。

基本的に「栄養ドリンク」「エナジードリンク」自体は安全な飲み物とされているのですが、過度に飲み過ぎる事によって危険なものとなります。この過度というのは普通に飲んでいる分にはならないような量です。これは「水」でも「砂糖」でも「醤油」でも危険な量というものがあり、そのもの自体ではなく飲み過ぎが原因です。

安全に飲む為に

それなので、「コーヒーを飲むと夜眠れない」というような人はこのようなカフェイン錠剤にはあまり頼らないようにした方がいいでしょう、そして頼らないと行けないような状況も出てくると思うのです、そのような時にはカフェイン錠は飲み過ぎないようにして、コーヒーやエナジードリンクや栄養ドリンクなどを飲むようにする事で、カフェイン錠と比べると過剰摂取を防げると思います。

健康を害しない安全なカフェイン量というのは1日に400mgと言われています、妊婦さんは半分の200mgです。

もし頑張らなければ行けないような状況の時期には、この一日の安全なカフェイン量を守りましょう。そして多く飲んだからといって眠気の根本が取れる訳ではなく、カフェインで疲労や眠気を誤魔化しているような状態です。

それなので、その時期が終わったら十分に休息を身体を休ませるようにしてください。

それ意外のカフェインに関する記事はこちらです。

カフェインが入ったエナジードリンクを飲み過ぎたらどんな副作用や症状があるの?

エナジードリンクの危険性について厚生労働省に聞きました

今まで栄養ドリンクやエナジードリンクでこのような症状がでた事例が無かった為、今後厚生労働省がさらに状況などを調べた上でカフェインの健康に対するルールなどが決まっていくかなと思います。