どうも、エナジードリンク評論家の福田慎一郎です。

今回はモンスターエナジーの「モンスターウルトラ(monster ultra)」に配合されている、カフェインやカロリーなどの成分やカロリーや容量などについて書きたいと思います。

スクリーンショット 2015 06 29 18 12 06

スポンサーリンク

モンスターウルトラのカフェインとカロリーなど成分について

モンスターウルトラはアルミ缶で355mlとなっています。
希望小売価格は190円(税抜き)となっていますので、
消費税を入れると、205円で販売されます。

2013年にアメリカで販売されており、アメリカでも大人気のモンスターウルトラです。

モンスターエナジー独自の成分ブレンド(ビタミンB郡、アルギニン、カルニチン、高麗人参エキス)はもちろん、
カフェイン量は 100mlあたり40mg。一缶では142mgとなります。
そしてこのモンスターウルトラはゼロシュガー、ゼロカロリーとなっています。

カフェイン量は、
今まで販売されていた、モンスターエナジー(緑)やゼロカロリーのアブソリュートリーゼロなどと同等なんですね。

海外でも女性に大変気に入られているモンスターエナジーとなっているようです。
美味しくて、ゼロシュガー、ゼロカロリーだったらついつい飲んじゃいますよね。

リリースのキッカケ

日本では7月21日(火)より全国で販売開始されます。

モンスターエナジーの刺激的な味わいはそのままの、甘すぎないスッキリとした味わいが特徴です。喉が乾いた時にリフレッシュ出来る夏場にピッタリなエナジードリンク。
という事もあり、日本で夏の熱い時に美味しくエナジー補給をしてもらおうとリリースされたようです。

そして、
前回販売されたモンスターエナジーM3という濃縮タイプの飲みきりサイズの商品も人気という事もあり、
2014年のエナジードリンク市場は140%の伸びとなり、そこにモンスターエナジー社も貢献しました。

今年も1〜5月の累計では、前年比148%と好調となっています。

さらなる「モンスターエナジー」のブランド強化をしていこうと考えられているようなので、今後の新商品のリリースが気になりますね!