どうも!
今回は栄養ドリンクではなくてまた新しいジャンルのドリンクが登場していました。
その中に配合されている成分は「疲れを取る」事が出来るという事でかなり興味津々で調べてみました。

栄養ドリンクや、エナジードリンクもなのですが、カフェインなどの成分で一時的な疲労感を和らげたりしているのですが、根本的な疲れを取る事は出来ていません。
これはぼくも今まで、ココぞという時には栄養ドリンクやエナジードリンクを飲んで乗り切る時はありますし、そういう使いかたも必要と思っているのですが、そのココぞというタイミングが終わったらゆっくりと休んで疲れを取ってくださいね。と言うようにしていました。

疲れを取るようなドリンクが出たらいいのになーと思いながらです。
アミノ酸やクエン酸も疲労回復効果があると言われているのですが、今回のドリンクに配合されているイミダペプチドという成分の疲労軽減効果には勝てないそうです。

そのイミダペプチドと、配合されているドリンクに付いて調べてみました。

スクリーンショット 2015 11 26 22 38 55

スポンサーリンク

イミダペプチドで疲れを根本から取り去る?

イミダペプチドが配合されているドリンクの名前は「イミダペプチド」となっています。

このイミダペプチドは以前エナジードリンクにも配合されている事がありました、しかし配合量が少なく(19mg配合)て実際に効果を実感出来るような量が入っていないのが現実でした、コストがかかる成分なんでしょうね。成分表記にはチキンエキスと書かれていました。

結構前にこの成分に注目されて製品に入れていた伊藤園さんすごいなーと思います。
進撃の巨人エナジードリンクのレビュー 中味は伊藤園のパワフルアミノ酸

このイミダペプチドはた、鳥の羽のつけ根に多く含まれている成分で、イミダペプチドを200mgは鶏肉の100〜200gに入っていると言われているそうで、毎日食べるのは少ししんどいかなと思います。
最近はコンビニでチキンとして販売されているので食べやすさはありますけどね。ぼくのお昼はよくこのチキンを食べていますよ。
サラダとチキンで健康食に!見た目は悪いですけどねw

疲労軽減効果があるといわれれる成分の中の一つで、その疲労軽減成分を比較するとこのイミダペプチドがトップになったそうです。これは国のプロジェクトで30億円をかけたかなり大きい取り組みで、この成分をちゃんと見受ける事が出来たのはかなり大きい一歩になるんじゃないでしょうか?
詳しくは公式サイトにありますのでチェックしてみてください。

そのイミダペプチドは毎日200〜400mgの摂取する事で体感が出てくるようです。
実際にこれはデータが出ています。

そして製品には(株)総合医科学研究所の科学的根拠(エビデンス)を得る評価試験に基づきちゃんとイミダペプチドが入っているというマークが付いています。
チキンエキスだとイミダペプチドは10〜15%の配合量だそうです、、、
でも、このマーク付いているものは純粋なイミダペプチドが200mg配合されているよという研究所が認めたしるしという意味だそうです。
スクリーンショット 2015 11 26 22 16 32

一日1〜2本飲めばOK最短で1日で疲労軽減を実感

イミダペプチドドリンクの中にはイミダペプチドが200mg配合されています。
(成分名もドリンク名も同じなので少しややこいw)

基本的に1日1本飲むとOKです。
かなり疲れているんだという方は1日2本で疲労感が減るまで飲み続けるのをオススメします。

疲労の原因にも色々とあるようで、活性酸素が原因の疲労の方だと1日で実感される方がいるようです、それ以外の方では1週間や1ヶ月と個人差があるそうです。臨床実験では1ヶ月で半分に、2ヶ月でさらに半分に疲労感が減っていました。

でも、これはこの製品に効果があると言っては薬事法に触れるそうなので、まずは飲んで実感するのがいいでしょう。
お試しの10本パックがありますので、10日間続けてみるとよさそうですね。

ぼくも注文して10日間飲んでみようと思います。

▼抗疲労プロジェクトから生まれた注目の成分配合▼